NBA2018プレイオフハイライト

クリッパーズ、OT制し連勝!グリフィン34得点




クリッパーズ第25戦vsピストンズ

先日開幕したかと思えば早くもNBA2015-16シーズンも各チーム、1/4レギュラーシーズンゲームを消化しています。

いつもあっという間に終わってしまうNBAレギュラーシーズンなので、1試合1試合逃さずチェックしたいところです。

12/15におこなわれたロサンゼルスクリッパーズvsデトロイトピストンズの1戦を今回はピックアップしたいと思います。

 

 

 

 

試合展開

ピストンズのホームコートでおこなわれたゲームは、序盤こそ接戦だったもののじわりじわりとホームのピストンズがリードを広げ、第3クォーター終了時点で73-63とリードします。

ここまで平均102.6得点を挙げているクリッパーズを第3クォーター終了時点で63得点におさえたピストンズのディフェンスがポイントだったと言えるでしょう。

しかし、これまでのレギュラーシーズン勝率も上回るクリッパーズが第4クォーターで追いつき、ゲームはオーバータイムへともつれ込みます。

オーバータイムへ入ってもクリッパーズの勢いがまさり、結果的に105-103の2点差でクリッパーズが勝利しています。

個人スタッツ

勝利したクリッパーズでは、ブレイクグリフィンが34得点を挙げスコアリーダーとしています。

また、クリスポールが12アシスト、デアンドレジョーダンが14リバウンドと各々の持ち場で数字を残しています。

一方のピストンズではレジージャクソンが34得点を挙げています。

フリースローを14/16で沈めているのが印象深いです。

 

 

 

 

両チームの次ゲーム

このゲームを終えてクリッパーズが15-10のウェスト4位、ピストンズが14-12のイースト9位としています。

次ゲームは、クリッパーズがウォリアーズの連勝を止めたミルウォーキーバックス、ピストンズがボストンセルティックスとなっています。

毎週5試合生中継!NBA見るなら⇒WOWOW

 

[btn_l color=”green” corner=”r” url=”http://sneakerlove.biz/archives/category/%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ba”]NBA選手モデルの人気バッシュはこちら。[/btn_l]

 




2015-16シーズン
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント