ルカドンチッチ:トリプルダブルを量産するスロベニアの貴公子

 

ダラスマーベリックスに所属する、ルカドンチッチ。

スロベニア出身ながら、16歳でスペインのプロリーグデビューを果たし、3シーズンプレイした後、2018年のドラフトでNBA入りしました。

ドンチッチのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

レアルマドリード時代

 

レアルマドリードで、3シーズンプレイしたドンチッチ。

3シーズン目には、ユーロリーグ史上最年少でMVPに輝き、優勝を果たしました。

 

 

2018年ドラフト3位でNBA入団

2018年のドラフトへエントリーしたドンチッチ。

1巡目全体3位でホークスに指名されました。

指名後に、ホークスとマブス間でトレードがあり、ドンチッチはマブスでNBAキャリアをスタートすることになりました。

 

 

ルーキーイヤー

 

ルーキーイヤーから出場した72試合全てに、スターターで起用されました。

NBAの最年少記録を次々と塗り替え、トリプルダブルの数も増えていきました。

初年度から平均得点も20点を超えましたが、チームは33勝49敗と勝ち切れずプレイオフ進出はなりませんでした。

シーズン終了後にドンチッチは、新人王に選出されました。

 

 

2019-20シーズン

シーズン前に多くの強力なDUOが誕生する中、マブスはニックスからクリスタルポルジンギスを獲得し、ドンチッチとのDUOにも注目が集まりました。

また、ブレイザーズからステファンカリーの弟セスカリーの獲得にも成功し、チームは補強に成功し、プレイオフを狙えるチームへと変貌しました。

新型コロナウィルスの影響で、変則的となったシーズンですがドンチッチはシーズン序盤からトリプルダブルを量産し、チームを勝利に導きました。

 

 

マブスは、前年を大きく上回る43勝32敗のウェスト7位でドンチッチ初となるプレイオフに進出しました。

相手は優勝候補の一角、ロサンゼルスクリッパーズでしたが、ドンチッチは第1戦から42得点を挙げるなど凄まじい活躍を見せます。

第4戦には、43得点17リバウンド13アシストの活躍でチームを勝利に導きました。

 

 

ドンチッチを止められないマーカスモリスは、必要にドンチッチを挑発するようなプレイとトラッシュトークを仕掛けていました。

 

 

クリスタルポルジンギスの離脱も響き、チームは2-4で敗れシーズンを終えています。

2020-21シーズン

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 

シーズン序盤からトリプルダブルを量産する、ドンチッチ。

シーズンMVP候補にも挙げられています。

ルカドンチッチのバッシュ

ルカドンチッチは、ジョーダンブランドのジャンプマンと契約していて、エアジョーダンシリーズからドンチッチモデルも発売されています。

 

NIKE エアジョーダン35
NIKE(ナイキ)
メーカー型番: CZ8153100

 

キャリスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン年齢チーム出場試合出場時間得点リバウンドアシストFG確率3PT確率FT確率スティールブロックTO
18-1919DAL7232.221.27.86.042.7%32.7%71.3%1.10.33.4
19-2020DAL6133.628.89.48.846.3%31.6%75.8%1.00.24.3

 

プレイオフ

シーズン年齢チーム出場試合出場時間得点リバウンドアシストFG確率3PT確率FT確率スティールブロックTO
19-2020DAL635.831.09.88.750.0%36.4%65.6%1.20.55.2

 

 

年齢22歳
身長201cm
体重104kg
国籍スロベニア