シクサーズがホームで連勝 シリーズは2-2のタイに ハーデン31得点

 

ヒートの2-1でむかえたシクサーズとのカンファレンスセミファイナル。

不調が続いていたジェームズハーデンが、ついに本来のプレイを取り戻しクラッチタイムを制し、116-108で競り勝ちシリーズを2-2のタイに戻しています。

シクサーズでは、ジェームズハーデンが31得点7リバウンド9アシストの活躍でチームを牽引しました。

スリーポイントも6/10と好調で、お手本のようなステップバックスリーも健在でした。

 

 

ジョエルエンビードが24得点11リバウンドで続き、タイリースマクシーが14得点、ダニーグリーンはこの試合もスリーポイントを3/4で沈めています。

 

 

敗れたヒートでは、ジミーバトラーが孤軍奮闘の活躍で、40得点6アシストを記録しました。

FG確率も65%と高く、フリースローも12/13で沈め、ターンオーバー1と相変わらずのモンスタースタッツです。

チーム全体のスリーポイントが、シクサーズ16/33だったのに対し、ヒートは7/35と大きく下回ったのも大きな敗因の1つでした。

エンビードの復帰に加えて、ハーデンの復調となれば、ヒートのホームでおこなわれる第5戦は、大変な試合となりそうです。

コメント