ブッカー復帰のサンズがペリカンズに競り勝ちカンファレンスセミファイナルへ

 

ウェスト1位と8位の対決ながら、混戦模様だったサンズvsペリカンズ。

サンズの3勝2敗で迎えた第6戦は、前半終了間際にペリカンズが一気に2ケタまでリードを広げましたが、後半じわじわと追い上げたサンズが115-109で競り勝ち、カンファレンスセミファイナル進出を決めています。

サンズではクリスポールが33得点8アシストの活躍でチームを牽引しました。

スリーポイント1/1を含むFG確率は14/14の100%で、フリースローも4/4で決めています。

アルバラードの執拗なディフェンスの中、ターンオーバーは3つありましたがまさにポイントゴッドの活躍でした。

 

 

デビンブッカーは32分出場し、シュート確率は上がりませんでしたが、足は問題なさそうな雰囲気でした。

敗れたペリカンズでは、イングラムを中心に7人の選手が2ケタ得点をました。

試合後の地元ファンの歓声が全てを物語るように、ウェスト1位のサンズを相手に素晴らしい好ゲームの連続でした。

HCの涙も印象的で、ザイオンウィリアムソン復帰しますし来季もまた楽しみです。

 

 

サンズはマブスとジャズの勝者と、カンファレンスセミファイナルで対決します。

コメント