ジャズが計28本のスリーを沈め第4Qにホーネッツを引き離し勝利

 

先日、クリッパーズに敗れ連勝が止まったウェスト首位、ユタジャズ。

2月23日におこなわれたホーネッツ戦でも第3Qまで接戦となりましたが、第4Qで一気に抜け出し結果的に132-110で勝利しています。

 

1Q2Q3Q4QT
CHA35322320110
UTA35292741132

 

 

ジャズは、球団記録に並ぶ28本のスリーポイントを沈めました。

 

 

終盤はガベージタイムとなり、ラストオフェンスもシュートを放たなかったため、記録更新の可能性もありましたが紳士な対応でした。

7人の選手が2ケタ得点を挙げ、4人の選手が20点以上で、スリーポイントが28/55と横綱相撲でした。

敗れたホーネッツでは、ラメロボールが21得点7リバウンド4アシストで全てリーダーとなっています。

 

 

 

ゴードンヘイワードも21得点を挙げ、マリークモンクが20得点で続いています。