理想的なパワーフォワードの1人、カルロスブーザー

BASKETBALL DREAM

 

2016シーズンから中国リーグへ移籍したカルロスブーザー。

NBA時代にはユタジャズを中心に活躍しそのプレーは理想的なパワードワードの象徴でした。

スポンサーリンク

2002年ドラフト35位でNBA入団

カルロスブーザーは、2002年のNBAドラフト2巡目全体35位でクリーブランドキャバリアーズへ入団しました。

オールスター出場経験のあるカルロスブーザーが2巡目というのも驚きですが、2002年のドラフトでは1位にヨウメイがいるもののその後ブーザーのように長く活躍したプレイヤーが非常に少ないのも印象的です。

世間の評価では逆に、ドラフト下位指名にしては初年度から活躍した方というものだったようです。

キャリア初期

ルーキーイヤーからシーズン平均10.0得点、7.5リバウンド、フィールドゴール確率52.6%とルーキーのインサイドプレイヤーとは思えない素晴らしい成績を残します。

ジャズへの移籍

翌年にはさらにそのスタッツを伸ばし、契約期間の終了と共にユタジャズへ移籍しました。

今でもジャズの印象が強いというファンの方も少なくないと思われますが、ジャズでの活躍が2度のオリンピック出場、NBAオールスターゲーム出場などブーザーのNBAでのポジションを築いたことは間違いありません。

 

Boozer Shows 20-20 Vision

 

ジャズへ移籍したブーザーはそのスタッツを更に伸ばし移籍後3シーズン目(2006-07)で念願のプレーオフ出場を果たします。

ブルズへの移籍

ジャズでの契約期間終了に伴いFAとなったブーザーは、2010-11シーズン前に2013-14までプレーしたシカゴブルズへ移籍します。

デリックローズやノアなど有能な選手に加えてブーザーの屈強なインサイドプレーはイースタンカンファレンスで躍動し、移籍後初年度からカンファレンスファイナルへと進出しますが、マイアミヒートで新たに形成されたBIG3の前に敗れファイナル進出とはなりませんでした。

翌年には更なる期待がブルズに寄せられましたが、デリックローズがプレーオフファーストラウンドで故障し、チームも2010-11シーズン以上の成績はその後残せていません。

また、ブーザー自身もジャズ在籍時のときのように平均20得点2桁リバウンドなどの突出した成績も残せておらず、特徴的とも言えたフィールドゴール確率も5割を切るシーズンもありました。

 

Best of Carlos Boozer with the Chicago Bulls

 

チーム事情というものがあるので一概にはスタッツで判断することはもちろんできず、若い選手が多いチームで経験豊富なブーザーがより裏方に回ったという印象も強いです。

2つめの動画を見ても分かるとおり気迫を前面に出し、しつこく粘り強いインサイドプレーとディフェンスでゲームを引っ張っているブーザーはガードやヘッドコーチからすると理想的なパワーフォワードと言えます。

昨今ではパワーフォワードでも3ポイントまで打てる選手が世界中にいますが、ブーザーはNBA12シーズンの中で14本しか3ポイントを放っていません(成功したのは1本・・・)。

もちろんシュートレンジは広いにこしたことはないんでしょうが、勝負どころでアウトサイドシュートを放つインサイドプレイヤーも最近は多いですからブーザーのようなプレイヤーには味を感じます。

シーズン平均でフィールドゴール確率が5割を切ったのは数回で最高確率が56.2%というのも納得です。

独特のシュートフォームですが、意外と?!ベースラインのシュートはとても確率が高いのも印象的です。

レイカーズへの移籍

2014-15シーズンからレイカーズへ移籍しコービーブライアント等と共にプレーしますが、1シーズンでチームを離れることになりました。

その後はNBAから離れ中国リーグへ移籍しています。

コメント