ジェリースタックハウス:様々なスタープレイヤーと共にプレイしたスコアラー

 

NBAの中でも屈指のスコアラーとして数多くのチームで得点を重ねたジェリースタックハウス。

スタックハウスのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

ドラフト3位でシクサーズ入団

1995年のドラフト1巡目3位指名で、フィラデルフィアセブンティーシクサーズに入団したスタックハウス。

アーリーエントリーながら、ラシードウォレスやケビンガーネットよりも高い支持を受けていたことからもその活躍に期待を寄せられていたことがよく分かります。

 

 

キャリア初期

セブンティーシクサーズでルーキーイヤーから平均19.2得点を挙げ、その得点能力を充分に発揮しました。

翌年にはアイバーソンもチームに加入し、さらに得点を重ね、平均得点も20点台へとアップしています。

 

 

ピストンズへ移籍

しかし、アイバーソンは初年度から23.5得点とさらにその上をいっており、チームはスコアラーとしてアイバーソンを選択し、スタックハウスはデトロイドピストンズへ移籍することとなります。

相手がアイバーソンでは致し方ないかとも思ってしまいますが、この後スタックハウスは様々な移籍先で多くのスタープレイヤーと共にプレイすることになるとはこの時まだ誰も予想していなかったでしょう。

 

 

引退までに8チームを渡り歩いたスタックハウスですが、個人スタッツ的には間違いなくこのピストンズ時代が最も高い成績を残しています。

 

 

移籍当初は、グラントヒルを中心としたチームだったピストンズですが、移籍後2年目からはスターターとして定着し、平均得点も23.6得点とその存在感を示すと、グラントヒルがチームを去った翌年には、平均29.8得点という数字を残しています。

年が違えば得点王になっていてもおかしくない数字ですが、皮肉にもその年の得点王はアイバーソンで、31.1得点をマークしています。

 

 

 

2つの動画を見ても得点の取り方が、ジョーダンやコービーにとても似ていると感じる方も多いでしょう。

ポストプレイからのアウトサイドシュートが、シューティングガードがこれだけ得点を重ねる上では必要不可欠なのかもしれません。

ウィザーズでジョーダンとプレイ

その後、ピストンズからワシントンウィザーズへ移籍したスタックハウスは、2度目の引退から復帰したマイケルジョーダント共にプレイしました。

 

 

マブスへ移籍

翌々年にはダラスマーベリックスへ移籍し、ベンチメンバーではありましたが、平均2ケタ得点を記録し、ファイナルへも進出しています。

 

 

キャリア終盤

マブスからバックスへ移籍したスタックハウスは、その後ヒート、ホークス、ネッツとチームを変え、2013年に引退を表明しました。

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
95-96 21 PHI 72 37.5 19.2 3.7 3.9 41.4% 31.8% 74.7% 1.1 1.1 3.5
96-97 22 PHI 81 39.1 20.7 4.2 3.1 40.7% 29.8% 76.6% 1.1 0.8 3.9
97-98 23 合計 79 32.2 15.8 3.4 3.1 43.5% 24.1% 78.7% 1.1 0.7 2.8
97-98 23 PHI 22 34.0 16.0 3.5 3.0 45.2% 34.8% 80.2% 1.4 1.0 3.4
97-98 23 DET 57 31.5 15.7 3.3 3.1 42.8% 20.8% 78.2% 1.0 0.7 2.6
98-99 24 DET 42 28.3 14.5 2.5 2.8 37.1% 27.8% 85.0% 0.8 0.5 2.9
99-00 25 DET 82 38.4 23.6 3.8 4.5 42.8% 28.8% 81.5% 1.3 0.4 3.8
00-01 26 DET 80 40.2 29.8 3.9 5.1 40.2% 35.1% 82.2% 1.2 0.7 4.1
01-02 27 DET 76 35.3 21.4 4.1 5.3 39.7% 28.7% 85.8% 1.0 0.5 3.5
02-03 28 WAS 70 39.2 21.5 3.7 4.5 40.9% 29.0% 87.8% 0.9 0.4 2.8
03-04 29 WAS 26 29.8 13.9 3.6 4.0 39.9% 35.4% 80.6% 0.9 0.1 3.4
04-05 30 DAL 56 28.9 14.9 3.3 2.3 41.4% 26.7% 84.9% 0.9 0.2 1.9
05-06 31 DAL 55 27.7 13.0 2.8 2.9 40.1% 27.7% 88.2% 0.7 0.2 2.2
06-07 32 DAL 67 24.1 12.0 2.2 2.8 42.8% 38.3% 84.7% 0.8 0.1 1.7
07-08 33 DAL 58 24.3 10.7 2.3 2.5 40.5% 32.6% 89.2% 0.5 0.2 1.5
08-09 34 DAL 10 16.2 4.2 1.7 1.2 26.7% 15.8% 100.0% 0.4 0.1 0.9
09-10 35 MIL 42 20.4 8.5 2.4 1.7 40.8% 34.6% 79.7% 0.5 0.2 1.6
10-11 36 MIA 7 7.1 1.7 1.0 0.4 25.0% 25.0% 71.4% 0.0 0.3 0.3
11-12 37 ATL 30 9.1 3.6 0.8 0.5 37.0% 34.2% 91.3% 0.3 0.1 0.4
12-13 38 BRK 37 14.7 4.9 0.9 0.9 38.4% 33.7% 87.0% 0.2 0.1 0.6

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
98-99 24 DET 5 24.8 10.0 1.6 1.2 39.1% 25.0% 85.7% 0.4 0.2 2.0
99-00 25 DET 3 40.0 24.7 4.0 3.3 40.7% 42.9% 74.2% 0.7 0.0 4.7
01-02 27 DET 10 36.1 17.6 4.3 4.3 32.1% 34.0% 82.5% 0.6 0.6 2.7
04-05 30 DAL 13 31.0 16.1 4.1 2.3 38.6% 40.0% 86.4% 0.6 0.2 1.6
05-06 31 DAL 22 32.3 13.7 2.8 2.5 40.2% 33.8% 78.4% 0.5 0.3 1.7
06-07 32 DAL 6 28.2 14.3 3.7 2.5 34.8% 35.5% 87.9% 0.7 0.2 3.0
07-08 33 DAL 5 20.4 6.2 3.2 1.2 31.6% 16.7% 100.0% 0.2 0.0 1.4
09-10 35 MIL 7 20.6 7.3 1.7 1.1 32.6% 33.3% 90.0% 0.7 0.1 0.7
12-13 38 BRK 4 7.0 1.3 1.0 0.0 10.0% 0.0% 75.0% 0.0 0.0 0.5

 

 

年齢 47歳
身長 198cm
体重 99kg
国籍 アメリカ

 

コメント