プレイオフ結果一覧&ハイライト

レイカーズがロケッツに勝利し1-1のタイに NBA2020PO WCSF

NBA2020プレイオフ

 

ウェスト1位と4位の対決となるカンファレンスセミファイナル、レイカーズvsロケッツ。

第2戦が9月7日におこなわれました。

 

 

Round 2 l Game 2 Rockets vs Lakers

 

第1クォーターからリードを広げたレイカーズでしたが、後半に入るとロケッツが猛追し一気に逆転しました。

それでも終盤はレイカーズが競り勝ち117-109で勝利しています。

レイカーズでは、アンソニーデイビスが34得点10リバウンドでスコアリーダーとなっています。

 

HIGHLIGHTS | Anthony Davis (34 pts and 10 reb) vs Houston Rockets

 

レブロンジェームズも28得点11リバウンド9アシスト4スティール2ブロックの活躍を見せド派手なダンクも飛び出しています。

 

HIGHLIGHTS | LeBron James (28 pts, 9 ast, 11 reb) vs Houston Rockets

 

第1戦で激しく批判を浴びたラジョンロンドは、10得点9アシスト5スティールの活躍で、+/-ではチーム最多となる+28を記録しています。

 

 

敗れたロケッツでは、ジェームズハーデンが27得点でスコアリーダーとなっています。

エリックゴードンが24得点で続き、PJタッカー18得点、ロバートコビントン17得点と好調でした。

ウェストブルックは不調で、FG確率26.7%の10得点にとどまりターンオーバーは7を記録しています。

ファウルトラブルでしたが、ファウルアウトしたらレイカーズが困るといった意見が出る程でした。

 

 

シリーズを1-1のタイに戻したレイカーズ。

レイカーズがこのゲーム飛ばして勝ちに来ることは目に見えていましたが、そんな中でも後半一気に爆発し追いつくことが出来るロケッツもやはり強いです。

このまま一気にという可能性もありますが、少しでも長くシリーズを楽しみたいというのが本音です。

 

 

プレイオフその他のゲームハイライトは以下から。

 

NBA2020プレイオフ結果一覧&ハイライト
画像引用元-bleacherreport.com 1stラウンド イースタンカンファレンス バックス vs マジック バックス ...

コメント