勝負所に強い3ポイントシューター、レジーミラー

レジー・ミラー

歴代のNBAプレイヤーや現役選手の中で3ポイントに長けたシューターは多く存在しますが、その中でもミラータイムと呼ばれる入りだしたらホントに止まらないイメージが強く、当時3ポイントシューターの代名詞とも言えたレジーミラー。

独特のシュートフォームから繰り出される勝負所になればなるほど確率の高くなる3ポイントに日本人ファンもとても多かった選手の1人です。

1987年のドラフト1巡目11位でインディアナペイサーズに入団したレジーミラーはルーキーイヤーからシリーズ平均2ケタ得点を記録し、2年目にはスタメンに定着しチームのエースとして活躍していきます。

3年目にはキャリアハイとなるシリーズ平均得点24.6得点を記録したレジーミラーですが、3ポイントの印象がとても強いのとは裏腹にスタッツで見ればキャリアの1試合での3ポイント成功数は1.8本とキャリア平均18.2得点のうちの5.4得点にしかすぎません。

アウトサイドシュートは水物とよく言われるバスケットボールですが、これほどのアウトサイドシューターであっても3ポイントだけでは生き残れないというスタッツと言えるでしょうか?!

 

 

それでもハイライトシーンとなると3ポイントばかり出てくるのでその印象が余程強かったのでしょう。

勝負所でゲームをひっくり返すような3ポイントも多かったプレイヤーで、レギュラーシーズンよりもプレーオフでの活躍が目立つ選手の一人でした。

レギュラーシーズンの平均得点のキャリアハイが24.6得点なのに対しプレーオフでそれを上回ったシリーズが4度もあり、30点以上というシーズンも2度あるほどです。

当時イースタンカンファレンスはシカゴブルズ、ニューヨークニックスという強豪がペイサーズの行く手を何度も阻んで来ましたが、数々の名勝負を演出したのもレジーミラーの3ポイントがあったからと言っても過言ではありません。

最も印象深いのは1995年におこなわれたプレーオフセカンドステージのニックス戦でレジーミラーが見せた9秒で8得点というシーン(実際には10.2秒)で、残り18.7秒で6点ビハインドの状態から勝利した映像は今でも伝説となっていますね。

 

 

ホームコートのニックスにとっては悪夢のような出来事ですが、最後まで諦めなければこういうことも起こるんだと考えさせられるシーンでもあります。まあホントに稀なことではありますが・・・

また、レジーミラーはフリースローの得意な選手でもあり、シリーズ平均確率が9割を超えたシーズンが8度あるほどです。

NBAの3ポイント成功数もレイアレンに抜かれるまで歴代トップでしたが、シュートが上手い選手には共通点があるようにも感じてしまいますね。

アテンプトの数でも歴代2位となっていて、常に打ち続けられるのがホントのシューターなのかもしれません。

 

 

この中で誰がベストのシューターか?!なんて質問されたら困ってしまいますが、レジーミラーが3ポイントの魅力、ゲーム中にもらたらす効果や相手へのダメージなど様々な観点から3ポイントの重要性を教えてくれる選手の1人であることは間違いありません。

 

 

twitter

コメントを残す