ウィザーズがスパーズに10年振りの勝利って本当?! NBA2014-15

NBA2014-15シーズン

 

若いチームながら、ポイントガードのジョンウォールを中心にイースタンカンファレンス上位につけるワシントンウィザーズ。

今季から加入したチャンピオンリングをもつ、ベテランのポールピアスの存在も大きく輝いています。

ここまで25勝12敗と両カンファレンスの中でも素晴らしい勝率をほこるウィザーズですが、1/14におこなわれたスパーズ戦で26勝目を挙げました。

ウェスタンカンファレンス7位と混沌する昨シーズン王者に勝利するのもそれほど驚きではないのですが、NBAの公式サイトによると2005年振りにウィザーズがスパーズに勝利したようで、ジョンウォール自身も初めての勝利になるようです。

普段見ているだけでは中々気付かないものですが、1シーズンにファイナル以外では2試合しか対戦がないといってもとても驚きました。

他にも調べればこういったチーム間は多くあるのかもしれません。

このゲームでもジョンウォールの活躍が目立ち、25得点8アシストとしています。

得点もアシストもチーム1となると、ジョンウォールのチームと言っても誰も否定できません。

今シーズンはそれほどまでの安定感を感じます。

ポールピアスの3ポイント3/4というのも管理人的にはたまりませんが・・・

一方のスパーズは、メンバーは昨シーズンと変わっていないのに違うチームのようにも見えます。

10人が得点し、そのうち5人が2ケタ得点としているバスケットに変わりはないと思われますが、シーズンの勝率が昨シーズンのように伸びてきません。

強いスパーズが見たい!と願っているファンは少なくないので、残りのシーズンでプレイオフに向けて調整してほしいところです。

多くの名だたるポイントガードが手をやいてきたパーカーがあそこまで何度もあっさりやられるシーンは、シーズン中であってもあまり見たくありません。

次ゲームは、スパーズがシャーロットホーネッツ、ウィザーズがシカゴブルズとなっています。