ディフェンスにも長けたNBA屈指のPG、Gペイトン

 

ゲイリー・ペイトン

NBAの中でこれまでに有能なポイントガードは数多く、アイザイアトーマスやジョンストックトン、ジェイソンキッド、スティーブナッシュ、チャンシービラップス、クリスポールと名前を挙げればキリがないといえ、誰がNO.1かという話になればおそらく一生終わりませんが(笑)その中でも、サイズ、得点能力、アシスト、ディフェンス、リーダーシップに長けたゲイリーペイトンはNBAを代表するポイントガードと言えるでしょう。

ポイントガードにもタイプがあり見る方によって好みが大きく変わるので一概には言えませんが、管理人は最も好きなポイントガードかもしれません。

1990年にドラフト1巡目2位でシアトルスーパーソニックスに入団したペイトンは、初年度からスターターとして全試合に出場し、3年目にはシリーズ平均得点を2ケタに乗せその後13年間、2ケタ得点の記録を残します。

アシスト数は初年度から平均6本を超え、こちらも6本を下回ったシーズンはその後の13年間で1回だけで、キャリアハイは9.0本となっています。

初年度からスターター全試合に出場というのがこの中だと最も凄いことかもしれませんが、得点に関しては5年目には20得点を超えて、合計で20得点を超えたシーズンが7シーズン、キャリアハイが24.2得点と、191cmながら攻撃的なポイントガードといえますね。

 

 

顔に似つかわしくないスマートで小刻みなプレーが印象的ですが、オフェンス面だけでなくディフェンスに関しても、当時マイケルジョーダンとペイトンのみというガードプレイヤーでの最優秀ディフェンシブプレイヤーにも選ばれていて、上記にも書いた得点、アシスト能力に加えてディフェンスでも力を発揮したとなるとソニックスの半分くらいはペイトンがプレーしているような感じですね。

チームとしてはカミカゼでも人気の高いショーンケンプやシュリンプらと共にシリーズでは徐々に成績を上げていきますが、プレーオフでは中々勝てずに、NBA史上初となる第1シードが第8シードに敗れるといったこともありました。

それでも1995-1996シーズンにファイナルへ進出したソニックスでしたが、如何せんこの時の相手が当時、最高勝率を樹立したシカゴブルズで、初戦から3連敗を喫し、結果的に2-4で敗れています。

 

 

3連敗を喫したソニックスは191cmのペイトンをジョーダンにマッチアップさせますが、鳥肌モノの1on1ですね。。ペイトンよりに編集されてはいますが、3連敗後の2連勝は間違いなくそのディフェンスあってのものと言えます。

NBAでも日本でも絶対エースを止めに行く時はある程度ファール覚悟のディフェンスを目にすることが多いですが、タイトではありますが、ファールで止めるといった雰囲気は全く感じず絶妙な距離感でマンマークに黙々と徹している姿がとても印象的でした。

 

 

その後はショーンケンプも去りチーム成績は下がっていきますが、ペイトンの個人スタッツはどんどん上がっていきます。それだけ負担が大きかったと言うことでしょうが、ポイントガードが平均20得点以上、8~9アシストという記録はかなり異常なものです。

2003-2004シーズンには、ソニックスからバックス、レーカーズへと移籍して、シャック&コービー、カールマローン等と共に夢のチャンピオンリングを目指しましたが、ピストンズに1-4で敗れて結局リングを手にすることは出来ませんでした。

NBAのスーパースターであってもチャンピオンリングを獲得していないプレイヤーはたくさんいますが、ジョーダン世代のプレイヤーの典型ともいえますね。

NBA、No.1ポイントガードは誰かと聞かれると正直すぐに答えを出せる方は少ないと思いますが、管理人は間違いなく推すプレイヤーの1人です。

 

おまけ

ペイトンはそのオフェンス能力、ディフェンス力に加えて、トラッシュトークを仕掛けるプレイヤーとしても有名でした。NBAの乱闘シーンは何度も記事に書いていますが、乱闘ではなくトラッシュートークで相手を威嚇し、優位にプレーを進めていたんですかね?!ただムカついたから言ってるだけかもしれませんが・・・・ジョーダンにもしつこく言っているので本物ですが、これだけは真似しないようにしましょう(笑)

 

 

twitter

コメントを残す