王者ヒートのビッグ3 インサイドを支えたクリスボッシュ

この記事は約4分で読めます。

クリスボッシュ

 

2012・13と連覇を果たしたマイアミヒートのビッグ3として、レブロン・ウェイドと共にチームを支えたクリスボッシュ。

NBAのインサイドプレイヤーにしては細いともいえる出で立ちながら、その持ち前の器用さと頭脳、3ポイントまで打てる広いシュートレンジを武器に、NBAを代表するパワーフォーワードと言っても過言ではないほどの選手です。

 

ドラフト4位でラプターズ入団

ボッシュの同年のドラフトでは、チームメイトだったレブロン、ウェイドに加えてニックスのカーメロなどスター候補揃いで、ゴールデンジェネレーションと言われています。

その中でボッシュは1順目4位でラプラターズに指名され、7シーズンをプレイしました。

当時ラプターズのエースだった、ビンスカーターが移籍後の3年目からはボッシュへの期待が大きく高まり、自身もその自覚と共に活躍を続け、ヒートに移籍するまでの5シーズンの間全て平均得点が20得点を超えるという素晴らしい活躍を見せます。

 

Free Agent: Chris Bosh

 

髪形が違うだけでなんだか別人みたいです。

プレイもヒートでプレイしていた時よりかなりアグレッシブです。

 

ヒートへの移籍

Chris Bosh ULTIMATE Miami Heat Mixtape!

 

それでもラプターズでのチームとしての成績は、プレイオフに出るのがやっとというところで、プレイオフに出れない年の方が多く、ボッシュはFAでウェイドの在籍したヒートへの移籍を決めます。

同じくしてレブロンもヒートへの移籍が決まったため、ヒートに新たなビッグ3が誕生することになりました。

しかも3人とも同じ年のドラフトにかかったメンバーだったので、より注目を集めたのは事実です。

ビッグ3を要するヒートは初年度から躍進し、ボッシュ自身初となるファイナルへ進出しましたが、惜しくもノビツキー、ジェイソンキッド率いるマブスに敗れてチャンピオンリング獲得はなりませんでした。

しかし翌年、翌々年もヒートはファイナルへ進出しサンダー、スパーズをそれぞれ退け見事に2年連続でNBAチャンピオンに輝いています。

 

LeBron James, Dwyane Wade & Chris Bosh 73 Pts Combined in 2012 ECF Game 7 vs Celtics – All 3 CLUTCH!

 

Chris Bosh's BIG plays in Game 6!

 

ヒートへ移籍してからは、得点もシーズン平均で20得点を超えたシーズンはなくスタッツ的には下がっていますが、レブロンとウェイドがいますからね・・・それに関して文句を言う人は少ないでしょう。

それよりも、インサイドでボッシュ以外に固定でゲームに安定して出れるプレイヤーがヒートにはおらず、ボッシュがオフェンス・ディフェンス共にヒートのリング下を支えているのでスタッツに見えない部分での評価は高かった印象です。

211cmとNBAの中ではそれ程高い身長でなくても、ヒートが得意とするスモールラインナップをとったときには必ず相手チームのセンタープレイヤーとマッチアップしなくてはいけませんし、ボッシュがいるからなりたつ戦術であったとも言えます。

ヒート王朝の終焉とその後

2014年に4年連続でヒートはファイナルへ進出しますが、スパーズに大敗を喫します。

そのシーズンオフにレブロンがキャブスへ移籍することになり、ヒート王朝は終焉を迎えました。

ボッシュ自身も2015年に肺血栓の症状によりその後はほとんどコートに立つことは出来ませんでした。

2017年5月にヒートとの契約も解除となり復帰はむずかしくなりました。

事実上の引退状態にあったボッシュでしたが、結論は出ていたようで、マイアミヒートがボッシュの背番号1を永久欠番しすることを発表しました。

 

Miami Heat retire Chris Bosh’s jersey into the rafters | NBA Highlights

 

コメント