11/19 NBA2018-19 レイカーズvsヒート レブロン今季最多の51得点

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

連勝が4でストップしたレイカーズ。

第16戦はアウェイでマイアミヒートと対戦しています。

レイカーズ vs ヒート

 

1Q 2Q 3Q 4Q
LAL 34 33 25 21 113
MIA 21 31 24 21 97

 

アウェイながら序盤から優位にゲームを進めたレイカーズ。

開始1分のレブロンのダンクがゲームを物語っているかもしれません。

前半で28得点を挙げたレブロンは今季最多となる51得点を挙げチームを勝利に導いています。

 

 

個人スタッツ

51得点を挙げたレブロンジェームズの主なスタッツは以下の通りです。

 

出場時間 38:28
得点 51
リバウンド 8
アシスト 3
FG確率 19/31(61.3%)
3PT確率 6/8(75%)
FT確率 7/10(70%)

 

身体を使ったインサイドやドライブにプラスし、ステップバックを中心としたスリーポイントがこれだけ入ればディフェンスもお手上げでしょう。

 

 

クーズマは相変わらず好調ですが、その他の選手はあまりシュートが決まりませんでした。

ここからキャブスのようなチームになっていく気もしなくはないです。

怪我で欠場中のロンドがコーチさながらで話題となっていましたが、チャンドラーも11リバウンドと相変わらず仕事をきっちりこなしています。

最後に

レイカーズはこれで9勝7敗のウェスト7位まで浮上してきました。

まだまだレブロンを中心としたベテラン勢がチームを支えている印象は否めませんが、ポール、クーズマ、イングラムが爆発する時も近いのではないでしょうか?!

そこからが本当のチームの始まりのようにも感じます。