12/9 NBA2018-19 マブスがロケッツに逆転勝利 CLUTCH!

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

ルーキールカドンチッチの活躍が目覚ましいマブス。

12/9にはホームでロケッツと対戦しています。

マブス vs ロケッツ

1Q 2Q 3Q 4Q
DAL 32 24 28 23 107
HOU 30 27 27 20 104

終始点差の離れない接戦となりました。

残り約4分でロケッツがリードしていましたが、そこからルカドンチッチを中心としたクラッチタイムが展開されました。

 

Houston Rockets vs Dallas Mavericks Full Game Highlights | 12.08.2018, NBA Season

 

終盤に3本のスリーポイントを沈めたドンチッチ。

ハーデンやクリスポールがかすむほどの存在感でした。

個人スタッツ

マブス

マブスでは、ドンチッチとマシューズが21得点を挙げスコアリーダーとなっています。

 

Luka Doncic Full Highlights 2018.12.08 Mavs vs Rockets – 21 Pts, 4th Quarter TAKEOVER! | FreeDawkins

 

デアンドレジョーダンの20リバウンドも目を引きますが、トップへのスクリーンやディフェンスなど代表経験のあるベテラン選手の活躍はやはり多岐に渡ります。

ロケッツ

ロケッツではジェームスハーデンが35得点を挙げチームを引っ張りました。

 

James Harden Full Highlights Rockets vs Mavericks 2018.12.08 – 35 Pts, 8 Ast, 4 Rebounds!

 

スリーポイントは6/16と好調なのか不調なのかという数字ですが、FG確率は5割と悪くありません。

それでもターンオーバーは6と相変わらずです。

また、不調が続いているクリスポールも23得点8アシストを記録しています。

FG確率も5割と悪くなく、ターンオーバーも2でした。

 

Chris Paul Full Highlights Rockets vs Mavericks 2018.12.08 – 23 Pts, 8 Ast, 2 Rebounds!

 

最後に

新人らしからぬ勝負強さで得点を重ねたルカドンチッチ。

21得点の内11得点はラスト4分とクラッチプレイヤーとして今後も注目を集めるでしょう。

ロケッツはチーム全体で昨シーズンの平均と同じ15本のスリーポイントを沈めました。

15/47の31.9%と確率がまだまだ上がってきませんが、やはりこの戦術がもっともロケッツらしいように感じます。

コメント