11/16 NBA2018-19 ウォリアーズとロケッツが今季初対決

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

2017-18シーズンの実質的ファイナルカードとも言えたウォリアーズとロケッツ。

今シーズンは対照的な出足となっていますが、11/16にロケッツのホームで初対決となりました。

スポンサーリンク

ウォリアーズ vs ロケッツ

1Q 2Q 3Q 4Q
GSW 19 22 22 23 86
HOU 25 22 29 31 107

ロケッツが序盤から優位に進めたゲームは、後半に入ると大きく点差が開き終盤はベンチメンバー同士の対決になるほどあっけない幕切れでした。

 

Golden State Warriors vs Houston Rockets Full Game Highlights | 11.15.2018, NBA Season

 

カリーが欠場しているもののウォリアーズが86点しか取れないゲームを見るのも珍しいでしょう。

ロケッツも確率は決してよくなく、昨シーズンのカンファレンスファイナルとはだいぶ内容の異なるゲームとなっています。

GSW HOU
FG% 32/76(42.1%) 35/87(40.7%)
3PT% 4/18(22.2%) 16/47(34.0%)

86点に加えてスリー4本と王朝ウォリアーズの姿はありませんでした。

個人スタッツ

ロケッツ

ロケッツではジェームスハーデンが27得点でスコアリーダーとなっています。

 

James Harden Full Highlights 2018.11.15 Rockets vs Warriors – 27 Pts, 3 Asts! | FreeDawkins

 

ジェームスエニスが19得点と続き、ゴードン、カペラ、ポールも2桁得点を挙げています。

 

James Ennis Full Highlights 2018.11.15 Rockets vs Warriors – 19 Pts, 7-11 FGM! | FreeDawkins

 

Chris Paul Full Highlights 2018.11.15 Rockets vs Warriors – 10 Pts, 7 Asts, 2 Blks | FreeDawkins

 

ウォリアーズ

ウォリアーズではデュラントが20得点でチームを引っ張りましたがトンプソンは10得点と沈黙しています。

 

Kevin Durant & Draymond Green Full Highlights 2018.11.15 GSW vs Rockets – 20 For KD! | FreeDawkins

 

グリーンもあまり印象はなく、ルーニーがインサイドで奮起していたといった感想でしょうか?!

得点が離れた際にスタートメンバーを早々に下げるのは徹底されていました。

最後に

カリーが欠場しているため昨シーズンとは比較しがたいですが、この2チームがこんな感じだとリーグ全体が接戦になっているのも頷けます。

ウォリアーズが強すぎるのも面白くないですが、強くないウォリアーズを見るのもとりわけ楽しみがないと思えてきました。

ロケッツはまだまだインパクトが足りないものの徐々に良くなっていると感じているファンは多いようです。

コメント