大怪我から復帰を果たしたスリーポイントシューター、ポールジョージ

この記事は約3分で読めます。

ポールジョージ

 

インディアナペイサーズでは絶対エースとしてチームを引っ張ったポールジョージ。

身長203cmとセカンドガードとしては若干大きめのサイズながらスリーポイントを得意とし、身体能力も高く、ド派手なダンクでファンを魅了してくれる次世代を担うスタープレイヤーの1人です。

プレイスタイル

Paul George's Top 10 Plays of his Career

 

スピードとという面ではそれほど驚くシーンはありませんが、逆にゆったりとした雰囲気からあれだけのビッグジャンプが出来る選手は少ないでしょう。

また、得意とするスリーポイントの打点の高さは群を抜いていて、あの身長であれだけのジャンプと正確性のあるシュートはファンを魅了してやみません。

個人スタッツ

NBA入団2年目からシーズン平均得点を2ケタにのせ、3年目にはは22.3ポイントと20点台となりエースとしての風格もより備わりました。

 

Phantom: Best of Paul George's 2013-2014 Season

 

ペイサーズのチーム成績

チーム成績では、入団後全てのシーズンでプレイオフに進出していて、数年続いたレブロン率いるマイアミヒートとのカンファレンス争いは見ものでした。

 

NBA Playoffs Minimovie – Week #6 – Eastern Conference

 

足首の大怪我

2013-14シーズン後にFIBAワールドカップのUSA代表に選ばれたポールジョージでしたが、本番前のエキシビジョンマッチで事故は起こりました。

ゲーム中のプレイで足首に大怪我を負い、全治12か月と診断されます。

2014-15シーズンは終盤に復帰したものの、以前とはやはり様子が違い心配する声も挙がりました。

それでもその類まれな才能がそう簡単に潰れるわけもなく、翌年には以前と同じようなプレイをファンの前で披露します。

サンダーへの移籍

そして2017-18シーズン前にNBA入団時より在籍していたペイサーズからサンダーへ移籍します。

同時期にカーメロアンソニーもサンダー入りし、ウェストブルックを含めた新ビッグ3の誕生となりました。

 

Paul George All-Star Reserve | Best Highlights 2017-2018

 

NBAの中でも突出したスコアラー3人の集結となりましたが、結果は期待以上のものではありませんでした。

プレイオフには進出したもののファーストラウンドで2勝しか挙げることが出来ずシーズンを終えています。

乱闘シーンも多いシリーズでポールジョージ自身もジョーイングルスと小競り合いを続けていました。

 

OKC Thunder vs Utah Jazz – All 11 fight/brawl scenes – ugliest game in years!

 

2018-19シーズン

2018-19シーズン前にカーメロアンソニーがロケッツへ移籍しビッグ3は早くも解体しました。

それでもアテンプト回数の増えたポールジョージは昨年以上のパフォーマンスで得点を重ね続けています。

 

Paul George Full Highlights 2018.12.22 Thunder vs Jazz – 43 Pts, 14 Rebs, 6 Asts! | FreeDawkins

 

Paul George UNREAL 47 Pts, 25 in 4th! 2018.12.05 Thunder vs Nets – EPiC COMEBACK! FreeDawkins

 

チーム成績も混戦状態のウェスタンカンファレンスの中、昨シーズン以上の上位につけています。

コメント