ラジョンロンド:チャンピオンリングをもつアシスト王

 

2018-19シーズンオフにレブロンジェームズがレイカーズへ移籍したことで話題を呼びましたが、同時期にレイジョンロンドもペリカンズからレイカーズへの移籍が報道されました。

これまでセルティックスでのチャンピオンリング獲得から様々な経歴をもっていますが、少し遡ってロンドのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見てみましょう。

2006年ドラフト21位でNBA入団

20歳の時にNBAへアーリーエントリーしたロンドでしたが、ドラフトでは21位とそれほど前評判は高くありませんでした。

サンズに指名されましたが、その後セルティックスにトレードされています。

ルーキーイヤーは、スターターに中々定着することが出来ませんでした。

それでも上位選手の不調などにより徐々にプレイタイムが増え、結果を残して78試合に出場しました。

 

 

レイアレン、ガーネットの加入

 

2年目には他のガードプレイヤーのトレードも重なりスターターとなりますが、この年にはレイアレン、ケビンガーネットもチームに加わり、ロンドにとって転機となる年だったと言えます。

 

 

ポールピアスを含めたいわゆるビッグ3と共にプレイしたロンドですが、その中でも遜色の無いプレイを見せ、一気にスターダムへとのし上がりました。

 

 

アウトサイドシュートが苦手と言われていて、マークマンが距離をとって守るシーンもよく見られましたが、それでもドライブを仕掛け2年目以降は得点でも2桁を記録するシーズンが続きます。

2007-08レギュラーシーズンを66勝でプレイオフに進んだセルティックスは、苦しみながらもファイナルまで駒をすすめました。

ビッグ3の力が大きかったことは間違いありませんが、ロンドはイーストを代表するポイントガード陣との対決でも臆することなくそのプレイを見せつけました。

ファイナルではレイカーズを4-2で退けロンドは2年目にしてチャンピオンリングを獲得します。

 

 

セルティックスは、その年からレイアレンがセルティックスを去る2011-12シーズンまでイーストの強豪を維持し続けますが、ロンドがセルティックスで再度チャンピオンリングを獲得することはありませんでした。

 

右ひざ前十字靭帯断裂

2012-13シーズン途中、チームからの負担も大きくなっていたロンドは大けがにみまわれました。

右ひざの前十字靭帯断裂のケガを負い、残りゲーム約30試合を全休しています。

マーベリックスへ移籍

2014-15シーズン途中から、8年プレイしたセルティックスを離れマブスへ移籍することになります。

 

 

マブスでもアシスト主体の変わらないプレイスタイルを見せたロンドは、チームをプレイオフに導きますがファーストラウンドで敗れてシーズンを終えています。

キングスへ移籍

2015-16シーズンはマブスからキングスへ移籍しプレイしたロンド。

インサイドにはデマカースカズンズも在籍していて、ロンドのパスは冴え渡りました。

 

 

自身3度目となるアシスト王にも輝きますが、チームはプレイオフに進出することは出来ませんでした。

 

ブルズへ移籍

2016-17シーズンはキングスからブルズへ移籍しプレイしたロンド。

同時期にヒートからドウェインウェイドもブルズへ加入し、ジミーバトラーを含むビッグ3の誕生となりました。

 

 

レギュラーシーズンを8位でプレイオフに進出したブルズは、ファーストラウンドで首位のセルティックスと対戦します。

下馬評では完全にセルティックス優勢でしたが、ロンド・ウェイド・バトラーは躍動し開幕からアウェイで連勝しました。

ブルズファンはファーストラウンド突破を確信していましたが、Game2終了後にロンドが手を骨折していることが分かり欠場すると4連敗でシーズンを終えています。

 

 

ペリカンズへ移籍

2017-18シーズンはブルズからペリカンズへ移籍してプレイしたロンド。

同時期にキングスで共にプレイしたカズンズも加入し、アンソニーデイビスとの強力なインサイドにも期待が集まりました。

 

 

カズンズが18年1月にアキレス腱を断裂する大怪我に見舞われますが、チームは6位でプレイオフに進出します。

 

 

3位のブレイザーズとの対戦となったファーストラウンドではロンド、デイビス、ホリデーを中心にチームは躍動しスイープでカンファレンスセミファイナルへとコマをすすめました。

 

 

カンファレンスセミファイナルでは王者ウォリアーズと対戦し、勢いに期待したファンも多かったですが、力の差を見せつけられ1-4で敗れシーズンを終えています。

 

レイカーズへ移籍

2018-19シーズンオフにレイカーズへの移籍に合意したロンド。

同時期にキャブスからレブロンジェームズを始めとしたマギーやスティーブンソンなどくせの強いメンバーに注目が集まりました。

ケガによる欠場も多いですが、レブロンを中心としたチームで成長株のロンゾポールと共にレイカーズのPGとして活躍を続けました。

シーズン中盤に、レブロンジェームズが負傷し、終盤にはヤングコアの負傷も相次ぎレイカーズはこの年プレイオフに進出することは出来ませんでした。

 

 

2019-20シーズン

シーズンオフに、ヤングコアを放出しアンソニーデイビスを獲得したレイカーズ。

新たなメンバーも加わり、ヘッドコーチも変わった新生レイカーズはシーズン序盤からウェスト首位をひた走りました。

 

 

新型コロナウィルスの影響で変則的となったシーズンでしたが、レイカーズはウェスト1位でプレイオフへ進出しました。

プレイオフでも、ファイナルまで全て4-1で勝ち進み、ファイナルでヒートを4-2で降しロンドは、セルティックス時代以来となるチャンピオンリングを獲得しました。

 

 

ホークスへ移籍

チャンピオンリングを獲得した翌年にもロンドは移籍を希望しました。

理由として、多くのコーチの元でバスケットボールをプレイしたいとのことでした。

ホークスでは、将来有望なガードのトレイヤングも在籍しており、シーズンオフに補強にも成功しているため2020-21シーズンの活躍に期待が集まりました。

 

 

シーズン途中でロンドは、ホークスからクリッパーズへ移籍することになりました。

チャンピオンリング獲得を目指すクリッパーズがロンドの経験を必要としたのは明らかですが、ルーウィリアムズを放出してまでの獲得でした。

 

 

しかしプレオフでは、プレイタイムも短くなり、終盤は出場機会も減りました。

チームはカンファレンスファイナルまでコマを進めましたが、サンズに2-4で敗れシーズンを終えています。

2021-22シーズン

2021-22シーズン前にレイカーズと契約したロンド。

39試合目にはニックスとキャブスを絡めた3チーム間のトレードでキャブスへ移籍しました。

 

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
06-07 20 BOS 78 23.5 6.4 3.7 3.8 41.8% 20.7% 64.7% 1.6 0.1 1.8
07-08 21 BOS 77 29.9 10.6 4.2 5.1 49.2% 26.3% 61.1% 1.7 0.2 1.9
08-09 22 BOS 80 33.0 11.9 5.2 8.2 50.5% 31.3% 64.2% 1.9 0.1 2.6
09-10 23 BOS 81 36.6 13.7 4.4 9.8 50.8% 21.3% 62.1% 2.3 0.1 3.0
10-11 24 BOS 68 37.2 10.6 4.4 11.2 47.5% 23.3% 56.8% 2.3 0.2 3.4
11-12 25 BOS 53 36.9 11.9 4.8 11.7 44.8% 23.8% 59.7% 1.8 0.1 3.6
12-13 26 BOS 38 37.4 13.7 5.6 11.1 48.4% 24.0% 64.5% 1.8 0.2 3.9
13-14 27 BOS 30 33.3 11.7 5.5 9.8 40.3% 28.9% 62.7% 1.3 0.1 3.3
14-15 28 合計 68 29.7 8.9 5.5 7.9 42.6% 31.4% 39.7% 1.3 0.1 3.1
14-15 28 BOS 22 31.8 8.3 7.5 10.8 40.5% 25.0% 33.3% 1.7 0.1 3.4
14-15 28 DAL 46 28.7 9.3 4.5 6.5 43.6% 35.2% 45.2% 1.2 0.1 2.9
15-16 29 SAC 72 35.2 11.9 6.0 11.7 45.4% 36.5% 58.0% 2.0 0.1 3.9
16-17 30 CHI 69 26.7 7.8 5.1 6.7 40.8% 37.6% 60.0% 1.4 0.2 2.4
17-18 31 NOP 65 26.2 8.3 4.0 8.2 46.8% 33.3% 54.3% 1.1 0.2 2.3
18-19 32 LAL 46 29.8 9.2 5.3 8.0 40.5% 35.9% 63.9% 1.2 0.2 2.8
19-20 33 LAL 48 20.5 7.1 3.0 5.0 41.8% 32.8% 65.9% 0.8 0.0 1.9
20-21 34 合計 45 17.1 5.4 2.4 4.4 44.2% 40.4% 94.1% 0.8 0.1 1.8
20-21 34 ATL 27 14.9 3.9 2.0 3.5 40.0% 37.8% 50.0% 0.7 0.1 1.4
20-21 34 LAC 18 20.4 7.6 3.1 5.8 48.6% 43.2% 100% 1.0 0.1 2.2

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
07-08 21 BOS 26 32.0 10.2 4.1 6.6 40.7% 25.0% 69.1% 1.7 0.3 1.8
08-09 22 BOS 14 41.2 16.9 9.7 9.8 41.7% 25.0% 65.7% 2.5 0.2 2.7
09-10 23 BOS 24 40.6 15.8 5.6 9.3 46.3% 37.5% 59.6% 1.9 0.1 3.0
10-11 24 BOS 9 38.3 14.0 5.4 9.6 47.7% 0.0% 63.2% 1.1 0.0 3.7
11-12 25 BOS 19 42.6 17.3 6.7 11.9 46.8% 26.7% 69.6% 2.4 0.1 3.8
14-15 28 DAL 2 18.5 9.5 1.0 3.0 45.0% 50.0% 0.0 0.0 1.0
16-17 30 CHI 2 33.5 11.5 8.5 10.0 42.3% 0.0% 50.0% 3.5 0.5 2.0
17-18 31 NOP 9 33.6 10.3 7.6 12.2 41.3% 42.1% 64.3% 1.4 0.2 3.7
19-20 33 LAL 16 24.7 8.9 4.3 6.6 45.5% 40.0% 68.4% 1.4 0.1 2.1
20-21 34 LAC 13 16.9 4.2 2.6 3.8 34.0% 39.3% 66.7% 0.4 0.2 1.1

 

 

年齢 36歳
身長 185cm
体重 79kg
国籍 アメリカ

 

コメント