長いリーチでダイナミックなプレーを見せるヤニスアデトクンポ

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

ヤニスアデトクンポ

 

スポンサーリンク

 

アメリカ以外の多くの国の選手が活躍を見せる昨今のNBAですが、ヤニスアデトクンポもその1人で、ギリシャ出身の選手です。

17歳でギリシャのプロリーグデビューを果たしたアデトクンポは、2013年のドラフトにより当時19歳でNBA入団を果たします。

2013年NBAドラフト

アデトクンポは2013年のNBAドラフトで15位指名を受け、ミルウォーキーバックスに入団しました。

今思えばアデトクンポを14チームがスルーしたということになりますが、アメリカでのプレー経験がない選手が上位に来るというのはそれだけ難しいということでしょう。

因みにこの年、アデトクンポより上位でアメリカでのプレー経験がない選手はいませんでした。

以下参考。

2013年のNBAドラフト - Wikipedia

2013-14シーズン

ルーキーイヤーから77ゲームに出場し、平均24.6分の出場時間を与えられたアデトクンポ。

しかし、現在のように得点は伸びず、平均6.8得点にとどまっています。

それでも下の動画のように、長いリーチを使ったダイナミックなプレーに魅了されたファンはすくなくありません。

 

Giannis Antetokounmpo's Rookie Year Highlight Video

 

チームも歴代最低となる15勝67敗でシーズンを終えています。

 

スポンサーリンク

2014-15シーズン

チームはシーズンオフにオーナーが変わりヘッドコーチにジェイソンキッドを招き入れました。

ドラフトでは2位でジャバリパーカーを獲得し、順調に勝ち星を重ねました。

ジャバリパーカーは怪我により戦線を離脱しますが、アデトクンポは平均得点を2ケタに乗せる活躍を見せチームのプレイオフ進出に貢献しています。

 

Giannis Antetokounmpo 2014-15 Highlights || "Greek Freak" ||

 

初のプレイオフでは6試合で平均11.5得点を挙げたものの、FG確率は36.6%とレギュラーシーズンの49.1%を大きく下回り、チームもブルズに2-4で敗れシーズンを終えています。

2015-16シーズン

開幕戦は欠場したものの、第2戦からスタメン出場し初戦から27得点の活躍を見せます。

開幕からゴールデンステイトウォリアーズが24連勝を記録していたシーズンですが、止めたのはバックスで、アデトクンポも11得点12リバウンド8アシストの活躍でチームの勝利に貢献しました。

 

Golden State Warriors vs Milwaukee Bucks | Full Highlights | 12-12-2015

 

2015-16シーズンでは、平均得点、アシスト、リバウンド、フィールドゴール確率全て過去最高のスタッツとなっています。

 

Giannis Antetokounmpo 2015-16 Season Offensive & Defensive Compilation Part1 – Greek FREAK!

 

しかし、チームは33勝49敗と大きく負け越し、プレイオフに進出することなくシーズンを終えました。

 

スポンサーリンク

2016-17シーズン

開幕戦から31得点を記録したアデトクンポはその後も得点を重ね、初のオールスターゲームにも出場します。

 

Giannis Antetokounmpo 30 Points in 1st All-Star Game | 02.19.17

 

ダンクをこれでもかというくらい叩き込み、30得点を記録しました。

そのプレーはより安定感を増し、2016-17シーズンも多くのスタッツが過去最高の数字となっています。

得点 22.9
リバウンド 8.8
アシスト 5.4
FG確率 52.1%
FT確率 77.0%

 

Giannis Antetokounmpo 2016-17 Season Offensive & Defensive Compilation Part1 – MIP!

 

チームも42勝40敗で勝ち越し、プレイオフに出場しますがラプターズに2-4で敗れファーストラウンド敗退となっています。

 

Giannis Antetokounmpo Full Series Highlights vs Raptors in 2017 Playoffs Rd.1 – 24.8 PPG, 9.5 RPG!

 

アデトクンポ自身は、6試合で平均24.8得点を挙げる活躍を見せFG確率も53.6%と2015年のプレイオフとは大きな違いを見せつけています。

2017-18シーズン

開幕戦から37得点を挙げたアデトクンポは、3試合目のブレイザーズ戦でキャリアハイとなる44得点を叩き出します。

 

Giannis Antetokounmpo Scores CAREER HIGH 44 Points vs. Blazers | October 21, 2017

 

その後も昨シーズン以上の活躍を見せ、チームも勝利を重ねますが、これまでヘッドコーチを務めてきたジェイソンキッドHCがシーズン途中で解任となります。

アデトクンポも大きな信頼を寄せていたため、解任の前にキッドに「解任しないために自分に何かできることはないか」とコールしたと言われています。

バックスは、アシストタントコーチを2014年から務めたジョープランディがヘッドコーチに就任しました。

オールスターゲームでは、2年連続でスタメン出場を果たしファンからの人気度もスーパースターと呼べる領域であることは間違いないでしょう。

 

Giannis Antetokounmpo & DeMar DeRozan Full Highlights vs Team LeBron at 2018 All Star Game!

 

レギュラーシーズン7位で進出したプレイオフファーストラウンドではセルティックスと対戦しました。

第7戦までもつれ込みますがホームコートアドバンテージをもつセルティックスに惜しくも敗れています。

プレイオフでもアデトクンポの存在感は遜色することなく30得点を超えたゲームが3度ありました。

 

Giannis Antetokounmpo Full Game 1 Highlights Bucks vs Celtics 2018 Playoffs – 35 Pts, 13 Reb, 7 Ast

 

2018-19シーズン

シーズンオフにレブロンジェームズがレイカーズに移籍し、昨シーズンとはパワーバランスが大きく異なったイースタンカンファレンス。

バックスは、開幕7連勝で最高のスタートを切ると、その後も大きく崩れることはなくイースト首位を走り続けました。

 

Bucks On Historic Start To 2018-19 Season

 

昨シーズン以上のスタッツを残すアデトクンポは、オールスターファン投票でもレブロンジェームズに続く2位の票を得て、ドラフト制チームのキャプテンを務めました。

 

Team LeBron & Team Giannis Full Draft | 2019 NBA All-Star

 

Giannis Puts On Historic All-Star Performance In Charlotte | 2019 NBA All-Star

 

レギュラーシーズンをイースト首位で終え、勝率もリーグ最高を記録したバックス。

2001年以降のプレイオフでは全てファーストラウンド敗退となっていますが、2019プレイオフはカンファレンスファイナル、ファイナル、チャンピオンリングを期待するファンも多いでしょう。

また昨シーズン44勝だったチームをリーグ唯一となる60勝台に乗せた立役者と言えるアデトクンポにはMVPの期待も高まっています。

 

Giannis Antetokounmpo's Best Play From Every Game Of The 2018-19 Season!

 

アデトクンポのバッシュ

アデトクンポのシグニチャーモデルはまだ発売されていません。

近年はナイキのズームライブやコービーを着用していました。

 

年齢 24歳
身長 211cm
体重 110kg
国籍 ギリシャ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました