ウィザーズのウェストブルックが開幕戦からトリプルダブルの活躍

Triple-Double For Russell Westbrook In Wizards Debut! | #KiaTipOff20

 

先日開幕したNBA2020-21シーズン。

ワシントンウィザーズのラッセルウェストブルックが、開幕戦でオフィシャルチームデビューとなりトリプルダブルの活躍を見せました。

 

出場時間36:18
得点21
リバウンド11
アシスト15
FG確率9/22
40.9%
3PT確率0/2
FT確率3/5
60.0%
ターンオーバー6
+/-+10

 

トランジョンの速さはやはり別格で、チャンスメイクの起点となっていました。

ターンオーバーが多いのは相変わらずですが、今後もポイントとなるでしょう。

シャクティンいきになりそうなダンク失敗も披露しています。

ゲームはシクサーズが勝利

GAME HIGHLIGHTS | vs. Washington Wizards (12.23.20) | presented by PA Lottery

 

Highlights: Wizards vs. Sixers – 12/23/20

 

1Q2Q3Q4QT
WAS26332424107
PHI30281540113

 

中盤は完全にウィザーズペースでしたが、シクサーズは最終クォーターで我慢強く追い上げ逆転に成功しています。

ウィザーズはスターターが+に寄り付き、シクサーズはベンチメンバーの活躍が目立ちました。

個人スタッツ

Joel Embiid | HIGHLIGHTS vs. Washington Wizards (12.23.20)

 

勝利したシクサーズでは、ジョエルエンビードが29得点14リバウンドの活躍でチームを牽引しています。

ダブルチームでウィザーズも対応していましたが、落ち着いて対処しフリースローも8/9で沈めています。

ベンチスタートのシェイクミルトンが19得点で続き、ベンシモンズも16得点9リバウンド7アシストを記録しています。

 

Ben Simmons | HIGHLIGHTS vs. Washington Wizards (12.23.20)

 

フルカンコルクマズもスリーポイント3/6と好調でしたが、セスカリー1/5、ダニーグリーン0/4と新加入組は不発でした。

 

Seth Curry | HIGHLIGHTS vs. Washington Wizards (12.23.20)

 

 

敗れたウィザーズでは、ブラッドリービールが31得点を挙げスコアリーダーとなっています。

 

Highlights: Bradley Beal scores 31 in season opener

 

FG確率は5割を記録していますが、ウェストブルック同様ターンオーバーも6記録しています。

デイビスベルターンスがスリーポイントを4/6で沈め14得点、トーマスブライアントが10得点で続いています。

 

 

ルーキーのデニアヴディアはスリーポイント2/2の7得点で+/-ではチーム最多となる+14を記録しました。

 

 

最後に

八村塁選手が欠場の中、開幕戦から面白いゲームを見ることが出来ました。

ウェストブルックの加入は、ウィザーズにとって本当に大きな意味を持ちそうです。

そして自力で勝ったシクサーズ。

ベンシモンズとエンビードのインパクトはやはり相当なものです。

ハワードも相変わらずで安心したファンも多いのではないでしょうか。