攻撃的な理想のポイントガード、Cビラップス

チャンシー・ビラップス

バスケットの中でポイントガードというポジションが特別なものであると感じている方は少なくないですが、NBAの中でも代表的なポイントガードとしてデトロイドピストンズでチャンピオンリング、ファイナルMVPをチャンシービラップスは獲得しています。

誰もが攻撃的なポイントガードと口を揃えそうなほどアグレッシブなドライブに加え、アウトサイドシュート、パス、ディフェンス、リーダーシップとポイントガードに必要な要素は全て満たしている数少ないプレイヤーの1人ですね。

また、フリースロー確率も非常に高く、これまでに9割を超えるシーズンが何度もあります。100点のうちの1点ではありますが、バスケットは点を重ねるスポーツですし、アグレッシブなドライブもより守りにくくなる非常に大切なポイントと言えるでしょう。

 

 

相手がキッドにペイトン・・・もちろん逆もあるんでしょうがなんかワクワクしますね。

 

 

1997年のドラフト1巡目3位でボストンセルティックスに指名されたビラップスでしたが、意外にもNBAで日の目を見るまでには長い年月がかかりました。

191cmという身長ながらその得点能力が逆にシューティングガードよりに配置されることもあり、ルーキーイヤーからシリーズ平均で2ケタは記録していましたが、チームにとって絶対に必要な存在になることは出来ず、怪我も続いたためピストンズへたどり着く2002年までの間に5度の移籍を経験しています。

今思うと考えにくいですが、ピストンズでポイントガードとして定着したのはビラップスにとってもチームにとってもNBAにとっても、ファンにとってもホントに素晴らしい転機だったと言えますね。

 

 

ピストンズへ移籍後はポイントガードとしての資質が一気に開花し、2年目にはベンウォレス、ラシードウォレス等と共にファイナルへ進出し、シャック&コービー要するレイカーズを4-1で破りチャンピオンリングを獲得すると共にビラップス自身もファイナルMVPを獲得しています。

ここ20年間、ポイントガードでファイナルMVPを獲得したのはビラップスとトニーパーカーしかおらず、もちろんチームカラーもあるので一概には言えませんが、それを踏まえてもホントに素晴らしいポイントガードであることが分かります。

翌年もファイナルへ進出しましたが、スパーズに激戦の末3-4で敗れ、その後ビラップスがファイナルでプレーすることはありませんでした。

在籍するチームもそこから昨シーズン(2013-14)までに4度の移籍を経て、古巣のピストンズでプレーしていました。ナゲッツ辺りまでは目にする機会もありましたが、さすがにNHKのBSではもう目にすることは無くなってしまいましたね・・・

ピストンズとの来季の契約がまとまらず引退が濃厚となっているようですが、現在37歳でいくらビラップスといってもNBAのポイントガードとして、一回り以上歳が違うプレイヤーを相手に圧倒的な力を見せつけるのは難しいでしょう。

今後もバスケット関係の仕事を続けていくという噂が出ているので、ポイントガードとしてコート上をまとめあげてきたその経験を今度はコートの外でも活かしてほしいですね。

 

 

 

twitter

コメントを残す