プレイオフ結果一覧&ハイライト

【NBA】ティムダンカンのキャリアハイ53得点ゲーム

ティムダンカンのキャリアハイ53得点ゲーム

 

スパーズでアシスタントコーチを務めるティムダンカン。

ジノビリやパーカーと共にスパーズの黄金時代を築いたのも記憶に新しいところです。

今回は、ティムダンカンのキャリアハイ53得点ゲームをハイライトしたいと思います。

2001.12.26 vs マブス

Tim Duncan: Career High Performance (53 points)

 

今から18年前の映像ですが、ダンカンも入団5年目なのでまだまだ若くプレイもアグレッシブです。

ノビツキーのディフェンスも相当高いですが、バンクショットを高確率で沈めています。

 

キャリアハイゲームスタッツ

 

出場時間50:21
得点53
リバウンド11
アシスト4
FG確率19/28
67.9%
3PT確率0/0
FT確率15/15
100%
ターンオーバー6
+/--1

 

オーバータイムの末、スパーズは3点差で敗れています。

FG確率は7割近く、フリースロー15/15は流石という他ないでしょう。

最後に

スリーポイントを放たず53得点を挙げたティムダンカン。

2001-02シーズンは、平均得点でも25.5得点でキャリアで最も高いシーズンでした。

コメント