【NBA】マイケルジョーダンが38歳で51得点取ったゲーム

マイケルジョーダン38歳51得点 2001年12月vsホーネッツ

 

バスケットボールの神様と呼ばれるマイケルジョーダン。

様々な記録や逸話の持ち主ですが、今回は2度目の引退から復帰後に38歳で51得点を挙げたゲームをハイライトしたいと思います。

2001.12.29 WAS vs CHA

51得点という数字はマイケルジョーダンならそれほど不思議なことではありませんが、NBA選手の中でも現役時代に取れる選手は極僅かで、それを2度の引退復帰後の38歳で成し遂げたというのはまさに神業です。

 

 

21 年も前の映像ですが、見入ってしまった方も少なくないでしょう。

とにかくシュートフォームが美しく、シュートの入り方も恐ろしいほどキレイです。

ゲーム途中で観客がスタンディングオベーションになる気持ちもよく分かります。

 

マイケルジョーダンのスタッツ

このゲームでのマイケルジョーダンのスタッツは下記の通りです。

 

出場時間 38:13
得点 51
リバウンド 7
アシスト 4
スティール 3
ブロック 0
FG確率 21/38
55.3%
3PT確率 0/2
0%
FT確率 9/10
90.0%
ターンオーバー 4
+/- +24

 

まず38分出場しているところに驚きですが、51得点のうち3ポイントはまさかの0です。

2本放っていますが、いずれも外れています。

現役プレイヤーで50点以上取れるイメージの選手たちといえば、ステファンカリー・レブロンジェームズ・ラッセルウェストブルック・ケビンデュラント等が挙げられますが、3ポイントは切っても切り離せいのが正直なところです。

フリースローは、10本獲得していて、そのうち9本を沈めています。このあたりもバスケットにおけるフリースローの大切さを物語っているように感じます。

コメント