【NBA】マイケルジョーダンが38歳で51得点取ったゲーム

マイケルジョーダン38歳51得点 2001年12月vsホーネッツ

 

バスケットボールの神様と呼ばれるマイケルジョーダン。

様々な記録や逸話の持ち主ですが、今回は2度目の引退から復帰後に38歳で51得点を挙げたゲームをハイライトしたいと思います。

2001.12.29 WAS vs CHA

51得点という数字はマイケルジョーダンならそれほど不思議なことではありませんが、NBA選手の中でも現役時代に取れる選手は極僅かで、それを2度の引退復帰後の38歳で成し遂げたというのはまさに神業です。

 

 

20 年も前の映像ですが、見入ってしまった方も少なくないでしょう。

とにかくシュートフォームが美しく、シュートの入り方も恐ろしいほどキレイです。

ゲーム途中で観客がスタンディングオベーションになる気持ちもよく分かります。

 

マイケルジョーダンのスタッツ

このゲームでのマイケルジョーダンのスタッツは下記の通りです。

 

出場時間 38:13
得点 51
リバウンド 7
アシスト 4
スティール 3
ブロック 0
FG確率 21/38
55.3%
3PT確率 0/2
0%
FT確率 9/10
90.0%
ターンオーバー 4
+/- +24

 

まず38分出場しているところに驚きですが、51得点のうち3ポイントはまさかの0です。

2本放っていますが、いずれも外れています。

現役プレイヤーで50点以上取れるイメージの選手たちといえば、ステファンカリー・レブロンジェームズ・ラッセルウェストブルック・ケビンデュラント等が挙げられますが、3ポイントは切っても切り離せいのが正直なところです。

フリースローは、10本獲得していて、そのうち9本を沈めています。このあたりもバスケットにおけるフリースローの大切さを物語っているように感じます。


夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

キャリアハイ
OverTime

コメント