NBA2018プレイオフハイライト

アレンアイバーソンのキャリアハイ60得点

アレンアイバーソンキャリアハイ60得点

 

183cmという身長ながらNBAで4度の得点王を獲得しているアレンアイバーソン。

明らかにそのプレーは異質と言え、あれだけビッグマンが揃う中でどのようにそれだけ点数を重ねてきたのか今考えても不思議に感じます。

今回は、そんなアイバーソンのキャリアハイとなる60得点を記録したゲームを見ていきましょう。




2005.2.12vsマジック

アイバーソンがキャリハイを記録したのは20004-05シーズンのゲームで、デビューから9シーズン目のことです。

2004-05シーズンは自身4度目となる最後の得点を獲得したシーズンでもありました。

https://www.youtube.com/watch?v=aYX3ez0cehQ

 

Sponsored Link


今から10年以上も前のことなのでさすがに映像がやや古いですが、今のNBAでは見ることの出来ない信じられないくらいのスピードとしなやかさを兼ね備えたプレーに驚きを隠せません。

個人スタッツ

このゲームでのアイバーソンのスタッツは以下の通りです。

得点 60得点
アシスト 6
リバウンド 4
スティール 5
FG確率 17/36(47.2%)
3PT確率 2/5(40%)
FT確率 24/27(88.9%)
出場時間 42分

 

スタッツを見て一番驚くのはフリースローの数ではないでしょうか?!

1試合に27本のフリースローを獲得し、24本沈めフリースローだけで24得点取っています。

また、42分の出場時間も今で考えると長いですが、シーズンの平均を下回っています。

Sponsored Link


最後に

バスケットは同じ動きが出来るのであれば身長は大きいほど有利というのは間違いありませんが、そんな考えもアイバーソンのプレーを見ていると吹き飛ばされてしまいます。

現役プレイヤーの方で身長が低いのが悩みという方は、手足の長さは違うにせよ間の取り方や緩急のつけ方、スクリーンの使い方など参考になる点は数え切れないでしょう。

イグダラとコーバーとアイバーソン・・・NBAはやはり面白いです。

アイバーソンのキャリアなどについては以下の記事でまとめています。




キャリアハイ
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント