【NBA】パトリックユーイングのキャリアハイ51得点ゲーム

パトリックユーイングのキャリアハイ51得点

 

ニューヨークニックスのレジェンドセンター、パトリックユーイング。

ドリームチーム1のメンバーにも選出されたスーパースターです。

今回は、パトリックユーイングが1990年に記録したキャリアハイゲームをハイライトしたいと思います。

1990.03.24 vs セルティックス

Patrick Ewing Full Highlights 1990.03.24 vs Celtics – Career-HIGH 51 Pts, 18 Rebs!

 

ポストプレーに徹している姿が印象的です。

今とは違い、センタープレイヤーが外に出てくるのは逃げともとらえられていたかもしれません。

ポストプレイのバリエーションも微妙な違いを見せています。

キャリアハイゲームスタッツ

出場時間41:00
得点51
リバウンド18
アシスト1
FG確率20/29
69.0%
3PT確率0/0
FT確率11/13
84.6%
ターンオーバー5

 

高確率で、20本のフィールドゴールを沈めたユーイング。

飛びぬけて大きいという印象はなく、ビッグマン相手に巧みにかわしながら身体能力の高さもうかがえました。

最後に

シーズン5年目にキャリアハイを記録したパトリックユーイング。

このシーズンが平均得点も28.6得点で最も高かったです。

翌年からブルズのスリーピートが始まり、ニックスは3年連続でブルズに敗れています。

コメント