ビンスカーターのキャリアハイ51得点

ビンスカーターキャリアハイ51得点

 

40歳を超えても現役でプレーするビンスカーター。

ダンクの印象がとても強い選手ですが、スコアラーでもあり30歳あたりまでは常にシーズン平均得点20得点以上を挙げていました。

今回はビンスカーターのキャリアハイとなる51得点を挙げたゲームにスポットをあてて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

2000.2.27vsSuns

デビューから2シーズン目となる1999-2000年、若干23歳で51得点は記録されました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=1FOs2FuZKTc

 

ビンスカーターのハイライトシーンはダンクばかりなのでシュートフォームすら忘れてしまっている方もいるかもしれませんが、美しいシュートは確率よくリングにすいこまれました。

時折ド迫力のダンクが見られるのもカーターならではと言えます。

23歳という若さでエネルギーが有り余っているのが伝わってきます。

このゲームでのスタッツは以下の通りです。

出場時間 43:00
得点 51
リバウンド 9
FG確率 17/32(53.1%)
3PT確率 4/8(50%)
FT確率 13/13(100%)

カーター自身、シューターであると断言している通りアウトサイドシュートの確率に加えてフリースローも13/13と素晴らしいスタッツを残しています。

このシーズンで25.7得点というスタッツを残したカーターは、翌年に27.6得点とさらに数字を伸ばします。

ビンスカーターのキャリアについては以下から。

NBAの中でもずば抜けたダンクセンスでファンを魅了したビンスカーター
ビンスカーターといえばダンクと誰もがイメージするくらい飛びぬけたダンクセンスでファンを魅了したプレイヤー、ビンスカーター。 実際に...
キャリアハイ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
注目記事



Basketball Dream

コメント