NBAドラフト2020 注目選手

ブレイザーズvsサンダー Game2 NBA2019プレイオフ1stラウンド

NBA2019プレイオフ

 

ウェスタンカンファレンス3位と6位の対決となるブレイザーズvsサンダー。

ゲーム1は、ホームのブレイザーズが勝利しています。

 

Game2

1Q2Q3Q4Q
OKC3123211994
POR26283723114

前半終了間際にCJマッカラムのブザービータースリーで同点に追いつき後半を迎えたブレイザーズ。

第3クォーターでリードすると今度はリラードのブザービータースリーでその差を16点にまで広げました。

第4クォーターはサンダーが1ケタ点差に追い上げることもなく、結果的に114-94でブレイザーズが勝利しています。

 

Oklahoma City Thunder vs Portland Trail Blazers – Game 2 – Full Game Highlights | 2019 NBA Playoffs

 

第2・3クォーターのブレイザーズの終わり方はお見事でした。

サンダーにとっては点数と共に精神的ダメージも大きかったでしょう。

 

個人スタッツ

ブレイザーズでは、CJマッカラムが33得点を挙げスコアリーダーとなっています。

FG確率は5割を超え、フリースローも6/6で沈めています。

ダミアンリラードが29得点で続いています。

 

THUNDER vs TRAIL BLAZERS | Damian Lillard & C. J. McCollum Combine For 62 Points | Game 2

 

敗れたサンダーでは、ポールジョージが27得点を挙げスコアリーダーとなっています。

FG確率は5割を超えていますが、スリーポイントは2/7とアテンプトも少なく肩の調子がよくなさそうです。

スティーブンアダムスが16得点9リバウンドで続いています。

冷静でスポーツマンシップに定評のあるアダムスですが、珍しく言い争いをしていました。

 

Steven Adams & Damian Lillard exchange words | Blazers vs Thunder – Game 2

 

これを見るだけではどちらがどう悪いのか判断は難しいですが、この1プレイだけのことではおそらくないでしょう。

リラードは、ウェストブルックとのマッチアップであまり冷静ではなかったのかもしれません。

お互いに負けられないプレイオフではありますが、昨年のサンダーとジャズのように荒れたシリーズになるのだけは避けてほしいところです。

 

OKC Thunder vs Utah Jazz – All 11 fight/brawl scenes – ugliest game in years!

 

 

最後に

ヌルキッチのケガもありサンダー勝利の予想も多かったシリーズですが、上位のブレイザーズがホームで連勝と順当な滑り出しとなっています。

意外にも今日までに終えた5カードのうち連勝しているのはブレイザーズのみです。

もう負けられないサンダーがホームでどのようなゲームを見せてくれるのか楽しみです。

コメント