2/8 NBA2018-19 レイカーズvsセルティックス クラッチタイムの攻防

NBA2018-19レギュラーシーズン

 

トレードも一段落付き、新たなチームでシーズン後半に挑む各チーム。

2/8にはレイカーズとセルティックスが対戦しています。

レイカーズ vs セルティックス

1Q 2Q 3Q 4Q
LAL 24 33 42 30 129
BOS 30 36 27 35 128

先日ペイサーズに大敗を喫したレイカーズは序盤からホームのセルティックスにリードを許しました。

それでも後半に入るとディフェンスから立て直し、第3クォーターで一気に逆転します。

終盤はセルティックスが再度逆転しリードしましたが、ロンドの劇的なブザービーターによりレイカーズが129-128で勝利しています。

 

Los Angeles Lakers vs Boston Celtics Full Game Highlights | 02/07/2019 NBA Season

 

終盤は見所満載の反面、色々と指摘されそうなシーンも多かったように感じます。

 

Los Angeles Lakers vs Boston Celtics | Feb 7, 2019 | LAST 5 Mins CRAZY Finish! | FreeDawkins

 

アービングはさすがですが、ボールを持ちすぎてテイタムはやや不満そうなのが伺えました。

最後決めたのはロンドですが、その前のチャンドラーのリバウンドも同様に称えられるべきでしょう。

KGも会場に来ていたようなのでロンドのフィニッシュというのも偶然ではないのかもしれません。

レイカーズはアウェイながらスリーポイントを22/41の53.7%で沈めています。

スポンサーリンク

個人スタッツ

レイカーズでは、レブロンジェームズが28得点12リバウンド12アシストのトリプルダブルを記録しています。

 

LeBron James Triple-Double 2019.02.07 Lakers vs Celtics – 28-12-12! | FreeDawkins

 

カイルクーズマが25得点で続き、スタートメンバーは全員2ケタ得点を挙げています。

 

Kyle Kuzma Full Highlights 2019.02.07 Lakers vs Celtics – 25 Pts, 5 Threes, CLUTCH! | FreeDawkins

 

クラッチショットを沈めたラジョンロンドは、17得点10アシストの活躍でチームを勝利に導きました。

 

Rajon Rondo KiLLS Celtics in Boston Return! 2019.02.07 | Lakers vs Celtics | – 17 Pts, 10 Asts!

 

敗れたセルティックスではカイリーアービングが24得点でスコアリーダーとなっています。

それでもスリーポイント2/6を含むFG確率は6/21の28.6%とらしからぬ数字です。

 

LeBron James vs Kyrie Irving EPiC Duel 2019.02.07 – Kyrie With 24-8, Bron With 28-12-12!

 

ジェイソンテイタムが22得点で続いていますが、ベンチスタートのジェイレンブラウン、テリーロジアー、シェミオジェレイが出場しているときのほうが明らかに流れは良さそうでした。

スポンサーリンク

最後に

劇的な幕切れとなったレイカーズとセルティックスの1戦。

レイカーズは大敗の後だっただけにアウェイでこの勝利は大きいでしょう。

アンソニーデイビスを絡めた理不尽ともいえるトレードが成立しなかったのも関係しているのかもしれません。

セルティックスはシクサーズが大きく動いて補強してきただけにバックス、ラプターズを含めてホームで競り負けるようなゲームはあってはならないような状況になっていくでしょう。

コメント