【NBA】プレシーズンゲーム レイカーズとウォリアーズが初対決!

NBA2018-19プレシーズンゲーム

 

開幕まで1週間を切ったNBA2018-19シーズン。

今シーズンの大注目カードと言えるレイカーズとウォリアーズがプレシーズンゲームで初対戦となりました。

スポンサーリンク

ロンゾポールが初出場

ここまで欠場していたロンゾポールがウォリアーズ戦に照準を絞ってきたのかプレシーズンゲーム初出場となっています。

約23分の出場で状態はよさそうです。

ウォリアーズではドレイモンドグリーンがこのゲームは欠場しています。

ゲームハイライト

1Q 2Q 3Q 4Q
LAL 31 30 40 22 123
GSW 34 23 35 21 113

ハイスコアとなったゲームは第2クォーターからペースを掴んだレイカーズが123-113で勝利しています。

来場者以外でもおそらく今シーズン最も世界中から客が呼べるカードだけに様々な意見が今後も飛び交うでしょう。

 

Los Angeles Lakers vs Golden State Warriors Full Game Highlights | 10.10.2018, NBA Preseason

 

動画のサムネイルが同じユニフォームを着たレブロンとスティーブンソン。。。何とも言えない嬉しさです。

個人スタッツ

レイカーズではイングラムが26得点でスコアリーダーとなっていて、クーズマが22得点で続いています。

ロンゾポールは7得点4リバウンド2アシストというスタッツでしたがレブロンからの評価は高かったようです。

 

The Best of Ingram, Kuzma, and Ball in Lakers Victory Over Warriors | 2018 NBA Preseason

 

レブロンジェームズは相変わらずプレータイムが短く、約18分の出場で15得点10リバウンド5アシストとモンスタースタッツを残しています。

 

LeBron Fills Up the Stat Sheet VS Warriors (15p, 10r, 5a) In Just 18 Minutes! | 2018 NBA Preseason

 

敗れたウォリアーズではステファンカリーが23得点、クレイトンプソン22得点、ケビンデュラント18得点と続いています。

3人とも出場時間は30分未満なのでまだまだ余力充分です。

王朝と呼ばれる由縁をレギュラーシーズンではおのずと見ることになるでしょう。

最後に

カードを聞いただけでわくわくしてしまうこの対決。

レブロンがキャブスにいたときとはかなり雰囲気が変わります。

ウェスタンカンファレンス頂上決戦と思ってしまいますが、ロケッツやブレイザーズ、サンダー、ジャズも勿論黙っていないでしょう。

各選手の移籍には賛否両論様々ですがシーズン前からここまで盛り上がるのも珍しいのではないでしょうか?!

あわせて読みたい

 

 

コメント