マービンバーグリーⅢ:キングスの若きポストスコアラー

 

インサイドプレイヤーもアウトサイドシュートが必須となっている昨今のNBA。

それでも力強くもしなやかなインサイドプレイはファンを魅了してやみません。

キングスに所属するマービンバーグリーⅢもそんなインサイドプレイを得意とする選手です。

バーグリーのキャリアやプレイスタイルについて見ていきましょう。

高校時代

 

高校時代は転校もあったようですが、上背もあるためその高さは飛びぬけています。

動画を見る限りインサイドアウトサイド問わず無双状態だったことが伺えます。

 

 

 

大学時代

 

名門デューク大学に進学したバーグリー。

高校時代の転校などの影響なのか定かではありませんが、入学は9月でした。

11月からゲームに出場したバーグリーは高いFG確率で得点を重ねチームの勝利に貢献します。

そしてシーズン終了後にNBAへのアーリーエントリーを表明しました。

高校卒業後1年間プレイしなければNBAへは入団できないという認識でしたが、イレギュラーなケースもあるようです。

ドラフト2位でキングス入団

バーグリーは2018NBAドラフト1巡目2位でキングスに指名されました。

大学でのプレイ時間が短かった中でのこの順位はバーグリーのポテンシャルを物語っているでしょう。

 

 

 

ルーキーイヤー

 

開幕からプレイタイムを約12分与えらえたバーグリー。

6得点5リバウンドを記録すると2試合目には30分以上のプレイタイムを与えられました。

そこからは安定して20分以上のプレイタイムを与えられ、2ケタ得点でチームの勝利に貢献しています。

2019-20シーズン

2019-20シーズンは、新型コロナウィルスの影響でイレギュラーなシーズンとなりましたが、バーグリーは怪我に苦しみました。

右手親指の骨折に続き、左右の足も負傷し13試合の出場にとどまりました。

2020-21シーズン

2020-21シーズンは、開幕から元気な姿を見せ、スターターとして出場を果たしました。

しかし、シーズン中盤から怪我に苦しみ43試合の出場にとどまっています。

 

 

チームも31勝41敗のウェスト12位と低迷し、プレイオフ進出はなりませんでした。

左利きのパワーフォワード

アウトサイドも放てる左利きの細身のパワーフォワードというとクリスボッシュを連想した方も少なくないのではないでしょうか?!

将来的にはボッシュのようにビッグ3と呼ばれ、チャンピオンリングを獲得する日が来る可能性はおおいにありそうです。

 

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
18-19 19 SAC 62 25.3 14.9 7.6 1.0 50.4 31.3 69.1 0.5 1.0 1.6
19-20 20 SAC 13 25.7 14.2 7.5 0.8 46.7 18.2 80.6 0.5 0.9 1.4
20-21 21 SAC 43 25.9 14.1 7.4 1.0 50.4 34.3 57.5 0.5 0.5 1.4

 

プレイオフ

出場経験なし

 

 

年齢 23歳
身長 211cm
体重 106kg
国籍 アメリカ

 

他の選手も見る

夏までに腹筋をかっこよく鍛える
AUOPLUS
鍛える部位:おもに腹筋中央に位置する『腹直筋』と側部に位置する『腹斜筋』、さらに『上腕三頭筋』です。これを続けることにより、シックスパックと引き締まった二の腕に近づくことができる。また、背中を支える『広背筋』や『脊柱起立筋』も刺激されます。一輪タイプは腹筋だけでなく、腹斜筋などバランス良く鍛えられることが魅力。力を入れながら姿勢を保つトレーニングにも発展できるので、体幹をはじめとするバランス力の向上にも期待されています。
バーベルにもなるダンベル
Wout
無駄な流通網を通さず工場との直取引によって圧倒的なコストパフォーマンスを実現。安価でも品質を犠牲にすることなく「初心者の方が求めやすい価格で使い勝手の良いダンベルを皆様にお届けする」というコンセプトを掲げ有名スポーツブランドが使用する世界各国の生産工場にて製造。                     

フォワード
OverTime

コメント