NBAプレイオフ速報

【NBA2018PO】ECR1キャブスvsペイサーズGame4

NBA2018プレーオフファーストラウンド、キャブス-ペイサーズ

 

1-2とキャブスが負け越して迎えたGame4。

様々な意見が飛び交っていますが、3年連続でファイナルへ進出しているチームがファーストラウンド敗退もありえるのでしょうか?!




ゲーム展開

前半はキャブスが60-50でリードするGame3と似たような展開となりました。

しかし、第3クォーターに入るとペイサーズが追い上げ終盤にはリードする場面も見られました。

それでも競り勝ったのはキャブスで、104-100で勝利しシリーズを2-2のタイとしています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=jzTY0_NxzXs

 

勝負所の得点が全部レブロンじゃなかったというのもキャブスには好材料だったのではないでしょうか?!

個人スタッツ

キャブスではレブロンジェームズが32得点12リバウンド7アシストの活躍でチームを勝利に導きました。

FG確率も54.5%本来のスタッツですがスリーポイントは放った5本全て落としています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=FyuS4CKmoU8

 

ベテランのカイルコーバーが18得点と続いていますが、スリーポイントとフリースローのみの得点となっています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=EicehOCG0ag

 

ペイサーズは6人の選手が2桁得点を挙げる全員バスケで、サボニスの19得点がハイスコアとなっています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=lNmooXQ23SI

 

https://www.youtube.com/watch?v=le09AeeEyWQ

 

ランススティーブンソンはこのゲームでもハッスルしていました。

レブロンへの異常な執着心は毎度のことですが、ラストプレーもファールかジャンプボールか物議をかもしています。

どちらともいえるようなプレーではありますが、ホームでファールと宣告されたならファールなのでしょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=z41eO4RCVMc

 

キャブスのベンチ前の審判はヘルドボールを宣告していますが、リング下の審判はファールを宣告しているようにも見えます。

角度によっても見え方の変わるプレーだったということでしょう。

ただ、ファールとジャンプボールでは結果が変わっていた可能性もあるため物議をかもすのも無理はありません。

ファンの声

RA
RA

キャブスとペイサーズってこんなに伯仲したパワーバランスだったっけ?!

 

CW
CW

コーバーがよかったらラブがダメとかみんないいゲームがたまにはほしい

 

GH
GH

JRの兄貴の1Qのブザビがなかったらと思うとちょっと怖い

 

MJ
MJ

これでまたキャブス優勢

 

Game5

Game5はキャブスのホームコートでおこなわれるため、ペイサーズはこの一戦を落としたのはとても痛いです。

アドバンテージをもつキャブスが振出しに戻りまた優勢となりました。

 

2018プレイオフ・ファイナル
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント