NBA2018プレイオフハイライト

【NBA2018PO】WCR1 ウォリアーズvsスパーズ Game2

NBA2018プレーオフファーストラウンド、スパーズ-ウォリアーズ

 

Game1をホームで快勝した昨シーズン王者ウォリアーズ。

【NBA2018PO】WCR1 ウォリアーズvsスパーズ game1
...

Game2もウォリアーズのホームでおこなわれていますが、ステファンカリーは欠場しています。




ゲーム展開

序盤はスパーズペースでゲームが進みます。

オルドリッジを中心に点差が広がりそうな雰囲気もありましたが、要所でKDとトンプソンが得点し前半は53-47のスパーズ6点リードで折り返します。

後半に入るとKDとトンプソンの勢いはさらに加速し、第3クォーターで逆転すると第4クォーターでさらにその差を広げ結果的に116-101でウォリアーズが勝利しています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=X1XiLoNI8C4

 

オルドリッジ1枚に対し、ウォリアーズはKDとトンプソンが安定して得点していたのが印象的です。

それ以外の選手はお互いに要所でシュートを沈めるスパーズとウォリアーズらしいゲームとなりました。

カリー抜きでこの差は大きいとしか言いようがないかもしれません。

個人スタッツ

ウォリアーズでは、ケビンデュラントが32得点と安定したプレーでチームを引っ張りました。

特に前半は、我慢の時間帯とも言え後半に繋いだ立役者でしょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=3CuGV8TSnPU

 

また、Game1に続きトンプソンも好調で、スリーポイント5/8を含む31得点を挙げています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=kJW4rNI1w2k

 

イグダラは4/5でスリーポイントを沈め、ウェストはFG確率100%の10得点。マギーもFG確率70%以上で10得点とやはり王朝は強いです。

グリーンはFG確率22%の9得点と沈黙していますが、それ以外の部分で相変わらず暴れてました。

敗れたスパーズでは、オルドリッジが34得点を挙げチームを引っ張りました。

このご時世にあれだけインサイドプレーが見られるのも少ないでしょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=INJq66wkEiU

 

パティミルズが21得点と続き、ルディゲイ、ガソール、ジノビリも2桁得点を挙げています。

Game3

スパーズのカウイレナードはおそらく今季のプレイオフには出場しないというニュースも出ていましたが、そうなるとウォリアーズがカリー不在でも自力でまさってしまいそうな雰囲気です。

Game3はスパーズのホームへ移るため、とりあえず1勝挙げてほしいところです。

 

RA
RA

ウォリアーズやっぱ強いな~

CW
CW

トンプソンカリーが返ってきてもあれくらいやってほしい

GH
GH

KD安定しすぎでしょ

MJ
MJ

このままってことはないよね

 




2018プレイオフ・ファイナル
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント