NBAプレイオフ速報

【NBA2017-18】ロケッツgame44vsウォリアーズ シーズン最終対決

NBA2018-1-21 ロケッツVSウォリアーズ

 

強豪ひしめくウェスタンカンファレンスで首位争いを繰り広げるロケッツとウォリアーズ。

両チームの2017-18レギュラーシーズンでの直接対決が早くも最終戦となりました。

ここまで1勝1敗としていますが、最終戦はロケッツのホームコートでおこなわれました。




ゲーム展開

第1クォーターはホームのロケッツが40-28とリードしますがその後はウォリアーズがじわりじわりと追い上げ頂上決戦らしい接戦となりました。

https://www.youtube.com/watch?v=a05RbUqTc3A

 

Sponsored Link


どちらに転んでもおかしくないゲームでしたが、ハーデンの恐ろしいステップバックスリーポイントからカリーのスリーポイントをブロックした流れがやはり注目されたポイントと言えるでしょう。

結果的に116-108でロケッツが勝利し直接対決を勝ち越しています。

ウォリアーズのロード連勝は14でストップとなりました。

個人スタッツ

勝利したロケッツでは、ジェームスハーデンとクリスポールが全開と言える活躍でした。

Jハーデン Cポール
得点 22 33
アシスト 8 7
リバウンド 2 11
FG確率 50% 50%

 

https://www.youtube.com/watch?v=9zwTFOuBiVI

 

Sponsored Link


逆にブレーキだったのはエリックゴードンで、スリーポイント0/9を含むフィールドゴール確率は14.3%で6得点にとどまっています。

敗れたウォリアーズでは、ケビンデュラントとドレイモンドグリーンの活躍が目立ちました。

Kデュラント Dグリーン
得点 26 21
アシスト 5 6
リバウンド 7 7
FG確率 52.9% 77.8%

 

スプラッシュブラザーズが逆に大ブレーキで、こんなゲームもあるんだと多くの方が感じたことでしょう。

Sカリー Kトンプソン
得点 19 8
アシスト 8 1
3pt確率 33.3% 40%
FG確率 30% 27.3%

 

ウォリアーズの選手単体の動画を探しても中々出てこないゲームというのは珍しいです。

次ゲームの対戦相手

次ゲームの対戦相手は、ロケッツが1/23にマイアミヒートと、ウォリアーズが1/24にニューヨークニックスと対戦予定です。

ロケッツvsヒートは楽天NBAで、ウォリアーズvsニックスは楽天NBAとWOWOWでライブ放送が予定されています。

2017-18シーズン
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント