【NBA2017-18】サンダーgame46vsキャブス 超大量得点

NBA2018-1-21 キャブスVSサンダー

 

2017-18シーズン開幕前にポールジョージとカーメロアンソニーを獲得したオクラホマシティーサンダー。

開幕当初から徐々に勝率を上げてきて、順位も上位へ食い込みそうな勢いです。

そんなサンダーのゲーム46はアウェーでキャブスと対戦しました。

ゲーム展開

序盤から激しい点の取り合いとなりました。

スコアだけ見るとディフェンスは・・・?と思えるほどです。

 

OKCCLE
1Q4324
2Q3336
3Q3834
4Q3430
148124

 

第1クォーターの点差が大きく響き、その後さらにリードを広げたサンダーが結果的に148-124で勝利しています。

 

 

サンダーはこれで4連勝とし、キャブスはホームで痛い大敗となりました。

個人スタッツ

サンダーでは、ビッグ3とアダムスのスタッツがとにかく素晴らしいです。

 

得点アシストFG確率
Pジョージ36263.2%
Kアンソニー29357.9%
Rウェストブルック232052.9%
Sアダムス25192.3%

 

ビッグ3が3人とも20得点以上で確率5割を超え、ウェストブルックの20アシストに加えて、アダムスの12/13という驚異の確率も響きました。

スター選手を集めればいいというものではないのかもしれませんが、それぞれの役割が明確化してきたといったところでしょうか?!

 

 

 

 

 

敗れたキャブスではアイザイアトーマスが24得点でハイスコアとしています。確率も5割を超え、チームを引っ張っていた印象はあります。

チーム全体のスリーポイントがサンダーの14/30の46.7%に対し、キャブスは10/37の27%としていて、このゲームのポイントとなったかもしれません。

レブロンも0/4と不調で、珍しくFG確率も5割を切り18得点にとどまっています。

 

 

次ゲームの対戦相手

次ゲームの対戦相手は、サンダーが1/24にブルックリンネッツとキャブスが1/24にサンアントニオスパーズと対戦予定です。

両ゲームともライブ放送の予定はありません。