NBA2018プレイオフハイライト

【NBA2017-18】ヒートgame61vs76ers ウェイドのクラッチショット

NBA2018-2-28 ヒート-シクサーズ

 

オールスター開けも熱戦続くNBA2017-18シーズン。

残りゲームは約30ゲームとそろそろ順位争いも各チーム視野に入ってきます。

今回はヒートの第61ゲームとなるシクサーズ戦をハイライトします。




ゲーム展開

第1クォーターはアウェイのシクサーズが7点リードしますが、そこからは点差の大きく離れることのない接戦となり、じわりじわりと追い上げたヒートが結果的に102-101の1点差で勝利しています。

MIA PHI
1Q 17 24
2Q 28 24
3Q 28 27
4Q 29 26
102 101

 

https://www.youtube.com/watch?v=SnFnMfLGC5g

 

ウェイドの終盤のプレーは圧巻という他ないでしょう。

地元マイアミファンの後押しもゲームを左右したことは間違いなさそうです。

最後のレディックのシュートは残り時間は少なかったものの完全にフリーになってしまったのはヒートのミスだったと感じました。

個人スタッツ

ヒートでは、クラッチショットを決めたウェイドが約22分の出場ながら27得点とチームを引っ張りました。

上手さと凄さを兼ね備えたスタープレイヤーのプレーは想像をこえたプレーを見せてくれます。

https://www.youtube.com/watch?v=k82mJ7U53Qw

 

ドラギッチがスリーポイント3/5を含む21得点で続き、タイラージョンソン、発散ホワイトサイドも高確率で得点を重ねています。

敗れたシクサーズでは、ジョエルエンビードがスリーポイント3/6を含む23得点、FG確率56.3%としています。

https://www.youtube.com/watch?v=9etD-4HK9zk

 

最後のシュートを外したレディックはスリーポイント2/8を含むFG確率28.6%と不調でした。

次ゲームの対戦相手

次ゲームの対戦相手は、ヒートが3/2にレイカーズとシクサーズが3/2にキャブスと対戦予定です。

シクサーズとキャブスのゲームは楽天NBAでライブ放送があります。




2017-18シーズン
フォローする
バスケ教材ランキング
バスケットボール上達革命

Bリーグの前身であるBJリーグアカデミーで校長をつとめた東英樹先生の教材です。

90日間でバスケが上手くなれるプログラムで、サポートと返金保証もついています。

一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者の中原雄氏の教材です。

ひとりでおこなえる練習内容で、ゴールがなくても練習できる内容も含まれています。

6か月のメールサポートに加えて練習上達のチェックリストでより効果的な練習を目指します。

福岡大大濠マッチアップゾーンディフェンスの極意

福岡大大濠高校の片峯聡太監督監修の教材です。

インターハイを制したマッチアップゾーンディフェンスの極意を惜しげもなく指導しています。

難しいと言われるマッチアップゾーンディフェンスをやさしくマンツーマンから指導してくれます。

人気記事



Basketball Dream

コメント