CJマッカラム:ペリカンズのシャープシューター

 

強豪ひしめくウェスタンカンファレンスで、8年連続プレイオフに進出しているブレイザーズ。

ダミアンリラードと共にバックコートを支えたCJマッカラム。

2021-22シーズン途中にペリカンズへ移籍しました。

CJマッカラムのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

大学時代

 

大学自体はあまり有名ではありませんでしたが、3年生時のNCAAトーナメントで、名門DUKE大学に勝利しアップセットの立役者となりました。

30得点6リバウンド6アシストの活躍を見せています。

3年生終了時にNBAへのアーリーエントリーを表明しました。

ドラフト10位でブレイザーズ入団

2013年のドラフト1巡目10位でブレイザーズに入団したマッカラム。

2013年組というと、やや若い世代に押されがちですが、オラディポやアダムス、アデトクンポと同世代です。

 

 

キャリア初期

 

初年度は、ケガにより開幕からロスター入りは果たせませんでした。

1月辺りから38試合に出場しますが、すべてベンチスタートで平均約12分のプレイタイムにとどまりました。

翌2014-15シーズンも後半からやや出場機会は増えましたが、出場した62試合のうちスターターは3ゲームにとどまり、平均プレイタイムも約15分と伸びませんでした。

 

 

それでもプレイオフで33得点を挙げるなどその片鱗を見せます。

2015-16シーズン

開幕戦からスタートを勝ち取ったマッカラムは、これまでの2年間とは別人のような成績を残しました。

出場した80ゲーム全てがスタートメンバーで、平均プレイタイムは約15分から約35分に伸びます。

平均得点も6.8得点から20.8得点と大きく飛躍しました。

 

 

2015-16シーズンで飛躍的な成長を遂げたマッカラムはMIP賞を受賞しています。

 

2016-17シーズン

翌年も変わらない活躍を見せるマッカラム。

シーズンを通しフリースロー確率を91.2%を記録し、リーグトップとなりました。

 

 

平均得点はさらに伸び、スリーポイント確率42.1%、FG確率48%というスタッツを残しています。

プレイオフ初戦では王者ウォリアーズ相手に初戦から41得点を挙げる活躍を見せますが、スイープで敗れシーズンを終えています。

 

 

2017-18シーズン

前年に比べ、ややスタッツは落ちたものの1試合50得点を記録するなどその爆発的な得点力に変わりはありません。

 

 

チームもウェスト3位でプレイオフに進出する好調ぶりでした。

 

 

しかし、プレイオフ初戦でペリカンズと対戦したブレイザーズは、まさかのスイープ負けを喫し、2年連続でファーストラウンドスイープでシーズンを終えるカタチとなりました。

 

 

2018-19シーズン

2018-19シーズンも変わらない活躍を見せるマッカラム。

チームも上位に位置し、プレイオフでもカンファレンスファイナルまで駒を進めました。

王朝ウォリアーズに、挑むことになりましたがケビンデュラントを怪我で欠くウォリアーズ相手にスイープで敗れシーズンを終えています。

 

 

 

 

2019-20シーズン

 

新型コロナウィルスの影響で、イレギュラーなシーズンとなりました。

シーズン中断後、バブル入りしたブレイザーズは、ダミアンリラードを中心に快進撃を見せ、プレイオフ進出を決めます。

 

 

プレイオフでは、ファーストラウンドでチャンピオンリングを獲得したレイカーズと対戦しました。

初戦を勝利しますが、そこから4連敗を喫し、シーズンを終えています。

マッカラムは平均23.2得点を挙げ、第5戦では36得点7アシストを記録しています。

 

 

2020-21シーズン

シーズン序盤は欠場が続き、レギュラーシーズンは47試合の出場にとどまりました。

シーズン後半は欠場もなく、レギュラーシーズンではキャリアハイとなる平均23.1得点を記録しています。

 

 

プレイオフでは、ファーストラウンドでナゲッツと対戦しました。

初戦にアウェイで勝利しましたが、2-4で敗れシーズンを終えています。

マッカラム自身も平均で20得点以上記録しましたが、調子に波がありました。

2021-22シーズン

2021-22シーズンもブレイザーズでプレイしたマッカラムでしたが、トレードデッドラインを前に、ペリカンズへ移籍することになりました。

デビュー後9シーズン目で初めての移籍となります。

 

 

 

 

 

キャリアスタッツ

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
13-14 22 POR 38 12.5 5.3 1.3 0.7 41.6% 37.5% 67.6% 0.4 0.1 0.9
14-15 23 POR 62 15.7 6.8 1.5 1.0 43.6% 39.6% 69.9% 0.7 0.1 0.8
15-16 24 POR 80 34.8 20.8 3.2 4.3 44.8% 41.7% 82.7% 1.2 0.3 2.5
16-17 25 POR 80 35.0 23.0 3.6 3.6 48.0% 42.1% 91.2% 0.9 0.5 2.2
17-18 26 POR 81 36.1 21.4 4.0 3.4 44.3% 39.7% 83.6% 1.0 0.4 1.9
18-19 27 POR 70 33.9 21.0 4.0 3.0 45.9% 37.5% 82.8% 0.8 0.4 1.5
19-20 28 POR 70 36.5 22.2 4.2 4.4 45.1% 37.9% 75.7% 0.8 0.6 1.8
20-21 29 POR 47 34.0 23.1 3.9 4.7 45.8% 40.2% 81.2% 0.9 0.4 1.4

 

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 出場試合 出場時間 得点 リバウンド アシスト FG確率 3PT確率 FT確率 スティール ブロック TO
13-14 22 POR 6 4.0 0.7 0.2 0.0 9.1% 0.0% 100.0% 0.0 0.0 0.2
14-15 23 POR 5 33.2 17.0 4.0 0.4 47.8% 47.8% 76.9% 1.2 0.2 1.2
15-16 24 POR 11 40.2 20.5 3.6 3.3 42.6% 34.5% 80.4% 0.9 0.5 1.8
16-17 25 POR 4 35.0 22.5 6.0 1.0 40.0% 50.0% 93.8% 1.0 0.5 3.8
17-18 26 POR 4 38.8 25.3 2.0 3.5 51.9% 42.3% 76.9% 1.3 0.3 2.3
18-19 27 POR 16 39.7 24.7 5.0 3.7 44.0% 39.3% 73.2% 0.8 0.6 1.9
19-20 28 POR 5 39.2 23.2 5.8 3.2 44.4% 37.1% 68.2% 1.2 0.4 3.0
20-21 29 POR 6 40.0 20.7 6.0 4.3 43.9% 33.3% 76.9% 0.3 0.7 2.0

 

 

年齢 31歳
身長 193cm
体重 91kg
国籍 アメリカ

 

コメント