NBAスリーポイントランキング

CJマッカラム:ペリカンズのシャープシューター

 

強豪ひしめくウェスタンカンファレンスで、10年連続プレイオフに進出しているブレイザーズ。

ダミアンリラードと共にバックコートを支えたCJマッカラム。

2021-22シーズン途中にペリカンズへ移籍しました。

CJマッカラムのキャリアやプレイスタイルについて、動画を中心に見ていきましょう。

大学時代

 

大学自体はあまり有名ではありませんでしたが、3年生時のNCAAトーナメントで、名門DUKE大学に勝利しアップセットの立役者となりました。

30得点6リバウンド6アシストの活躍を見せています。

3年生終了時にNBAへのアーリーエントリーを表明しました。

ドラフト10位でブレイザーズ入団

2013年のドラフト1巡目10位でブレイザーズに入団したマッカラム。

2013年組というと、やや若い世代に押されがちですが、オラディポやアダムス、アデトクンポと同世代です。

 

 

キャリア初期

 

初年度は、ケガにより開幕からロスター入りは果たせませんでした。

1月辺りから38試合に出場しますが、すべてベンチスタートで平均約12分のプレイタイムにとどまりました。

翌2014-15シーズンも後半からやや出場機会は増えましたが、出場した62試合のうちスターターは3ゲームにとどまり、平均プレイタイムも約15分と伸びませんでした。

 

 

それでもプレイオフで33得点を挙げるなどその片鱗を見せます。

2015-16シーズン

開幕戦からスタートを勝ち取ったマッカラムは、これまでの2年間とは別人のような成績を残しました。

出場した80ゲーム全てがスタートメンバーで、平均プレイタイムは約15分から約35分に伸びます。

平均得点も6.8得点から20.8得点と大きく飛躍しました。

 

 

2015-16シーズンで飛躍的な成長を遂げたマッカラムはMIP賞を受賞しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました