ドンチッチ45得点の活躍もサンズが第1戦にホームで勝利

 

ウェスト1位サンズと4位マーベリックスの対決となる、カンファレンスセミファイナル。

第1戦は、サンズがホームで地力の差を見せつけ、第4クォーターこそ追い上げを許したものの、121-114で勝利しました。

サンズでは、6人の選手が2ケタ得点を挙げ、FG確率も5割を超えました。

また、フリースローを18/18の100%で沈めています。

 

 

 

敗れたマブスでは、ルカドンチッチが45得点12リバウンド8アシストの活躍でチームを牽引しました。

唯一リードした、第4クォーターは35-25と次ゲームにつながるものでしたが、シリーズがどのように動いていくか、現段階では予想は難しそうです。

コメント