ウォリアーズが第4戦にアウェイで勝利しシリーズは2-2のタイに

 

セルティックスの2-1でむかえた、ウォリアーズとのNBA2022ファイナル第4戦。

終始点差の離れない、緊迫したゲームになりましたが、クラッチタイムの攻防を制したウォリアーズが107-97で勝利し、シリーズを2-2のタイに戻しています。

ウォリアーズでは、ステファンカリーが43得点を挙げスコアリーダーとなっています。

スリーポイントを7/14で沈め、厳しいマークの中の難しいシュートの連続でした。

 

 

クレイトンプソンが18得点で続き、終盤のブラウンへのディフェンスも屈強でした。

アンドリューウィギンスが17得点、ジョーダンプールが14得点挙げています。

敗れたセルティックスでは、ジェイソンテイタムが23得点でスコアリーダーとなっています。

ジェイレンブラウンが21得点、マーカススマートが18得点で続きますが、3人ともFG確率は5割を下回りました。

セルティックスはクラッチタイムに得点が止まり、レブロンジェームズがバッドシュートセレクションとツイートしたのも印象的でした。

 

 

シリーズは2-2のタイですが、ホームコートアドバンテージを持つウォリアーズに再びリードチェンジします。

セルティックスはもう一度アウェイで勝利しなければ、優勝することは出来ません。

ウォリアーズはこのプレイオフ、ホームで負けたのはファイナルの第1戦のみなのに加えて、セルティックスは連敗がないので、第5戦も最強のほこたて対決となりそうです。

コメント