シクサーズvsグリズリーズ 渡辺雄太選手がベンシモンズをかわして豪快ダンク

NBA2019-20シーズン

 

Gリーグで活躍を続け、グリズリーズに帯同するゲームも増えてきた渡辺雄太選手。

2月8日におこなわれたシクサーズ戦では、約11分のプレイタイムを与えられました。

 

渡邊雄太選手

 

出場時間11:48
得点9
リバウンド1
アシスト1
FG確率3/7
42.9%
3PT確率1/2
50%
FT確率2/2
ターンオーバー0
+/-+3

 

第1クォーターから出場し、計11分48秒プレイした渡邊雄太選手。

序盤からダンクを沈め、スリーポイントも記録しています。

常にチームと一緒にいる状況ではない中、短いプレイタイムでもスタッツを積み重ねているのは本当に凄いことです。

 

ゲームはシクサーズが勝利

Memphis Grizzlies vs Philadelphia 76ers Team Highlights | February 7, 2020 | NBA Season 2019/20

 

第3クォーターまでにゲームを決定付けたシクサーズが、119-107で勝利しています。

コルクマズがスリーポイントを7/9で沈め、34得点を記録しています。

ベンシモンズが22得点、トバイアスハリスが21得点で続いています。

 

Furkan Korkmaz vs. Memphis Grizzlies | 02.07.2020

 

Ben Simmons vs. Memphis Grizzlies | 02.07.2020

 

最後に

渡邊雄太選手に関しては、もっとプレイタイムを与えてくれればという思いがどうしても強くなってしまいますが、現状で考えるとあれがチームのベストなのでしょう。

2way契約も残り少なくなってきましたが、グリズリーズに限らずもっともっと試合で活躍している姿を見たいです。

 

コメント