ウィザーズvsマブス 八村選手のバースデイゲームは劇的決着 NBA2019-20

NBA2019-20シーズン

 

怪我から復帰し、調子を上げていきたい八村塁選手。

復帰第二戦は、2月8日にホームでダラスマーベリックスと対戦しました。

ゲーム展開

Highlights: Wizards vs. Mavericks – 2/07/20

 

終始接戦となったゲームは、終了間際にドラマが待っていました。

1点差の残り1.8秒から、ブラッドリービールが逆転シュートを沈め、結果的に119-118でウィザーズが勝利しています。

 

Bradley Beals Holds Off Mavericks With Last Minute Game-Winner

 

結果論ですが、クリスタルポルジンギスをスローインの選手にマッチアップさせたのがあだとなったかもしれません。

逆にポルジンギスが目の前にいながら、きっちりとビールの動きに合わせてパスを供給したトロイブラウンもファインプレイでしょう。

 

ワシントンウィザーズ

ウィザーズでは、ゲームウィナーを沈めたブラッドリービールが29得点でスコアリーダーとなっています。

シュート確率は上がりませんでしたが、最後まで攻め続けゲームウィナーを決めるのはやはりエースたる所以でしょう。

 

Highlights: Bradley Beal vs. Mavericks – 2/07/20

 

デイビスベルターンスが20得点で続き、スリーポイントを5/9で沈めています。

オールスターのスリーポイントコンテストにも期待が高まります。

 

Highlights: Davis Bertans vs. Mavericks – 2/07/20

 

八村塁選手も17得点6リバウンドの活躍でチームの勝利に貢献しました。

試合終了時は、珍しく喜びを爆発させていました。

 

Highlights: Rui Hachimura vs. Mavericks – 2/07/20

 

そして新加入のシャバズネイピアーの活躍も大きかったです。

スリーポイント4/6を含む14得点を挙げ、+/-ではベルターンスに続く+12を記録しています。

イシュスミスにとってもいい刺激となりそうです。

 

Highlights: Shabazz Napier vs. Mavericks – 2/07/20

 

ダラスマーベリックス

マブスでは、セスカリーが20得点でスコアリーダーとなっています。

 

Seth Curry (20 Points) Highlights vs. Washington Wizards

 

ドンチッチ不在の中、7人の選手が2ケタ得点を挙げています。

 

最後に

トレードによりメンバーの補強をおこなったウィザーズ。

この先プレイオフ争いに向けて、ブラッドリービールと八村選手を中心にさらに勝率を上げていってほしいところです。

マブスは、ドンチッチ不在の中なんとか勝率を保っているといった雰囲気ですが、今日は3試合連続で30点オーバーを記録していたポルジンギスのプレイタイムが約20分に制限されていました。

 

コメント

  1. google1, より:

    Excellent way of describing, and good post to
    take information about my presentation subject matter, which i am going to deliver in school.