マブスvsウォリアーズ マブスが48点差で勝利 NBA2019-20

 

ルカドンチッチが好調続けるダラスマーベリックス。

第14戦は、11月21日にホームでウォリアーズと対戦しました。

ゲーム展開

 

1Q2Q3Q4QT
GSW1622263094
DAL44303038142

 

第1クォーターから大差のついたゲームは、その後もどんどん点差が広がっていきました。

結果的に4Q全てマブスがリードし、142-94の48点差で勝利しています。

 

ダラスマーベリックス

マブスでは、ルカドンチッチが35得点10リバウンド11アシストでトリプルダブルを記録しています。

第1クォーターだけで22得点、前半だけで33得点を挙げ、約25分の出場でこのスタッツを残しています。

 

 

ティムハーダウェイJrが20得点で続き、スリーポイントを4/4で沈めています。

マブスは、チーム全体で22本のスリーポイントを57.9%の確率で沈めました。

 

ゴールデンステイトウォリアーズ

ウォリアーズは、グリーンが再度故障するなど出場できるメンバーが8人しかいないという状況まで追い込まれています。

 

最後に

既にトッププレイヤーの領域に達したかのような活躍を見せるドンチッチ。

ドンチッチの凄さと同じくらい、ウォリアーズを心配したNBAファンも多いでしょう。