ロケッツ1勝3敗から巻き返しカンファレンスファイナルへ!

NBA2014-15シーズン

 

最終戦までもつれ込んだウェスタンカンファレンスセミファイナル、ヒューストンロケッツVSロサンゼルスクリッパーズ。

第7戦は、ホームコートのヒューストンロケッツが序盤から有利にゲームを運び、結果的に113-100で勝利し見事にカンファレンスファイナル進出を決めました。

 

LA Clippers vs Houston Rockets – Full Highlights | Game 7 | May 17, 2015 | 2015 NBA Playoffs

 

カンファレンスセミファイナルで唯一最終戦までもつれ込んだカードですが、第1戦からアウェイのクリッパーズが勝利する幕開けで、第4戦を終えてクリッパーズの3勝1敗と多くのNBAファンがスパーズを降したクリッパーズの勝利を確信していました。

それでもレギュラーシーズン2位のロケッツはホームゲームとなる第5戦を勝利し崖っぷちで踏ん張ると、クリッパーズのホームことでおこなわれた第6戦では、リードを許す苦しい展開ながら第4クォータースコア40-15と、とんでもない逆転勝利をおさめました。

日本にもクリッパーズファンはとても多く、昨日からweb上では気持ちのこもったコメントが多く見られ、管理人もこのカードはクリッパーズを予想していたので期待しましたが、第6戦終了時点で冷静に考えれば答えは出ていたのかもしれません。

クリスポール、グリフィンをはじめとしてクリッパーズのメンバーも悪いという印象はありませんでしたが、第7戦はロケッツの強さばかりが目立ったゲームとなってしまいました。

ステファンカリーに続くMVP候補だったジェームスハーデンは、3ポイントの確率こそ悪かったものの31得点の活躍で、フリースローも15/18と素晴らしい数字を残しています。

 

James Harden Scores 31-Points to Lead Rockets in Game 7

 

カンファレンスファイナルでウォリアーズと対戦することとなるロケッツですが、レギュラーシーズンでの対戦成績は意外にも?!0-4となっています。

これまたweb上でも圧倒的不利といったコメントが多く見られますが、簡単に転ぶとは思えませんね。

もちろん簡単に勝利することも出来ないと思いますが、カンファレンスファイナルらしい素晴らしいゲーム&プレイに期待できそうです。