ウォリアーズがファイナル第2戦に快勝しシリーズは1-1のタイに

 

セルティックスがアウェイで先勝した、NBA2022ファイナル。

第2戦もウォリアーズのホームでおこなわれ、第3クォーターにリードを奪ったウォリアーズが、107-88で快勝しシリーズは1-1のタイとなりました。

ウォリアーズでは、ステファンカリーが5本のスリーポイントを含む29得点でスコアリーダーとなっています。

 

 

 

ベンチからジョーダンプールが17得点で続き、第3クォーター終盤の連続スリーポイントはセルティックスにとって大きな痛手でした。

 

 

クレイトンプソンは不調ながら、終盤調整し次のゲームに繋げるかのように得点を挙げていました。

また、このゲームではグリズリーズ戦で左ひじを負傷したゲイリーペイント2世も怪我から復帰し、変わらない活躍を見せていました。

 

 

敗れたセルティックスは第1クォーターから7つのターンオーバーをするなど、要所要所でターンオーバーが出て、流れをつかむことが出来ませんでした。

ホーフォードとスマートは2得点にとどまり、ジェイソンテイタムが孤軍奮闘で6本のスリーポイントを含む28得点を挙げました。

第3・4戦はセルティックスのホームでおこなわれるので、また違った展開が見れそうです。

コメント