渡邊雄太選手がグリズリーズと2WAY契約!NBA入りへ大きく前進

NBA2WAY契約

 

先日おこなわれたNBAサマーリーグ2018ラスベガスではネッツの一員として全試合に出場した渡邊雄太選手。

その活躍が認められメンフィスグリズリーズと2WAY契約を結んだとの報道がありました。

スポンサーリンク

2WAY契約とは?!

2WAY契約は2017-18シーズンから始まった新しい制度です。

基本的にNBAの下部組織であるGリーグでプレーしながら最大で45日間NBAに所属できます。

Gリーグとの契約で年間75,000ドル(約800万円)のサラリーが保障され、NBAに所属した日数分だけNBAの最低サラリーを日割りで得ることが出来ます。

各チーム2名まで2WAY契約を結ぶことが出来、サラリーキャップには含まれません。

GリーグからNBAへのパイプや選手育成がこれまでうまくいっていなかったことから設けられた制度で、生活が安定しバスケットに集中できる環境は選手にとって望ましいですがデメリットもあります。

2WAY契約のデメリット

  • 契約したチームからしか声がかからない
  • NBAのチームで常に練習できない
  • 必ずNBAの試合に出られるわけではない
  • 移動距離・時間の問題

Gリーグの選手はどのチームからでも声がかかる可能性がありますが、2WAY契約を結んでいる場合Gリーグでどれだけいい結果を残しても契約チームからしかNBAのゲームに出場することは出来ません。

また、練習においても所属日数に含まれるためチーム練習にほとんど参加できずにNBAのゲームに出場というケースもあります。

2WAY契約を結んだからといって必ずNBAの試合に出られるわけではありません。

基本的にはロスター15名が余程の不調にあえぐか故障者が増えた場合にNBAのチームに所属するケースが多いです。

NBAとGリーグを行き来する場合、広いアメリカでは移動時間の問題やフロントとの度重なるやり取りも選手を苦しめるでしょう。

それでも2WAY契約を結ぶメリットの方が大きい

2WAY契約は上記のデメリットだけ見るとチームに飼殺されるような印象も受けますが、NBA入りを目指す選手にとっては2WAY契約を結ぶことが現状では最大の近道です。

NBAのロスター450人が510人に増えたと表現する人もいる程で、2WAY契約を結べずGリーグでプレーしている選手とはNBA入りする可能性が大きく異なるでしょう。

グリズリーズってどんなチーム?!

グリズリーズは昨シーズンこそプレイオフ進出を逃していますが、それまでは7年連続でプレイオフに進出しているウェストの強豪チームでした。

まず思い浮かぶ選手はマルクガソルとマイクコンリーではないでしょうか?!

マルクガソルは2008年のNBA入りからグリズリーズに所属し、全てのシーズンで平均2桁得点を挙げています。

 

Grizzlies C Marc Gasol 2017-2018 Season Highlights ᴴᴰ

 

マイクコンリーは2007年のドラフト時からグリズリーズに所属するフランチャイズプレイヤーです。

昨シーズンはケガにより12試合の出場にとどまっていますが、ディフェンスにも長け得点能力もあるポイントガードで日本でもファンが多いです。

 

Mike Conley Official 2016-2017 Season Highlights // 20.3 PPG, 6.3 APG, 3.5 RPG

 

怪我が多く様々な意見が出ているチャンドラーパーソンズは渡邊選手とサイズやプレースタイルが近いです。

2016-17シーズン契約後2年間で平均20分未満の70試合出場にとどまっているので、そろそろ高額なサラリーに見合ったプレーを見せてくれるでしょう。

 

Chandler Parsons Season Highlights 2016-17

 

ファンの声

DR
DR

渡邊選手すげ~とりあえずおめでとうございます!NBAで見たい!

SO
SO

アメリカの大学で4年プレーして2WAYとはいえNBAのチームと契約する日本人が出てくるなんて信じられんな

RA
RA

コスパのいいチャンドラーパーソンズ的な

CW
CW

まだNBA入りしたわけじゃないんだねサラリーとかNBAは色々と難しいな

GH
GH

コンリー好きだから一緒に出てるとこみたい!ガソルがリバウンド取ってコンリーにパスアウトして渡邊選手がフィニッシュとか最高過ぎる

MJ
MJ

子供をNBAに入れたいならYUTAという名前をつけましょう

2018-19シーズンオフ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
注目記事



Basketball Dream

コメント