ウォリアーズがマブスに逆転勝利でシリーズは2-0に

 

第1戦に快勝した、ゴールデンステイトウォリアーズ。

第2戦は、前半マブスが20点近いリードを奪ったものの、後半は完全にウォリアーズペースとなり、第4クォーター序盤に逆転すると、その後はリードチェンジすることなく結果的に126-117で勝利し連勝です。

 

Warriors Complete Comeback From 19 Down To Take Game 2 🔥
Stay up-to-date on news, live scores and stats with the NBA App:

 

ウォリアーズでは、ステファンカリーがチームトップとなる32得点を挙げ、ゲームを決めるスリーポイントも見事でした。

 

 

 

追い上げの起爆剤となった、ジョーダンプールが23得点で続き、キャリアハイとなる21得点を挙げたケボンルーニーの攻守にわたる活躍に日本人ファンも興奮状態でした。

 

 

アンドリューウィギンスが16得点、クレイトンプソンが15得点、オットポーターJrが11得点とバランスよく得点を挙げ、第4クォーターを繋いだルーキーのモーゼスムーディーにも今後期待が高まります。

敗れたマブスでは、ルカドンチッチが42得点8アシストの活躍でチームを牽引しました。

終盤は試合が何度も決まりそうになる中、まだ分からないと思わせる得点の連続でした。

ジェイレンブランソンが31得点、レジーブロックが21得点と前半は特にチームのスリーポイントが好調でしたが、後半はやや消極的な部分もあり得点が止まりました。

また、ペイント内のディフェンスももろく、ウォリアーズに自由に得点を許していました。

第3戦は、マブスのホームにうつるので修正からの立て直しに期待しましょう。

コメント