マブス、アマレースタウドマイヤーデビュー戦を白星で飾る NBA2019-20

NBA2014-15シーズン

 

レイジョンロンドに続き、アマレースタウドマイヤーを獲得したダラスマーベリックス。

年齢こそ重ねていますが、ダークノビツキーやタイソンチャンドラーも含めるとNBAの中でもそうそうたるメンバーとなりました。

ロンドもそうですが、アマレーもコアなファンが多いので、後半戦は盛り上がりと言えます。

アマレーのデビュー戦は、2月23日のホーネッツ戦で、マブスが92-81で勝利しアマレーの移籍に華を添えました。

アマレーは約11分の短い出場でしたが、14得点の活躍をみせ、新チームでの意気込みを感じましたね。

ニックスではチームが恐ろしいほどに低迷していたので、ナッシュとプレイしていた時のような輝きをもう一度見たいものです。

 

Amar'e Stoudemire's Dunking Debut in Dallas

 

ロンドの加入後、思ったように勝率が上がらず、ロンドのパスにチームがついていけてないなどのコメントをネット上で目にしますが、実力のある選手達の集まりなので歯車がしっかりと噛み合ったバスケットを見せて欲しいモノです。

このゲームでもロンドは4アシスト8得点と目立った活躍は見られていません。

もう1人のガード、モンテエリスは22得点4アシストと好調でした。

現在ウェスタンカンファレンス6位のマブスですが、7位にスパーズ、8位にサンダーとなっているので簡単にはいかないと思いますがプレイオフ進出だけは逃してほしくないですね。

それにしてもアマレー、ダラスのユニフォーム似合うな・・・

コメント