ラジョンロンドがマブスへトレード NBA2014-15

この記事は約2分で読めます。

NBA2014-15シーズン

 

連夜、白熱した戦いが繰り広げられているNBAですが、今シーズン初めての大型トレンドのニュースが飛び込んできました。

ボストンセルティックスで、チャンピオンリング獲得経験をもつラジョンロンドがダラスマーベリックスへ移籍となるようです。

NBAの日本版公式サイトでは、以下のように速報として掲載されています。

現段階で両チームからの正式発表はまだないが、AP通信によれば、セルティックスはロンド放出の見返りとして、マブスからジェイ・クロウダー、ブランデン・ライト、ジャミアー・ネルソンに加え、ドラフト指名権2枠を獲得する模様。

引用元-NBA JAPAN

強豪揃いのウェスタンカンファレンスで現在6位と底力を見せるマブスですが、更に上位に食い込んできそうです。

モンテエリスとの相性が気になるところではありますが、噛み合うようなことになれば、強力なガード陣に加えて、ダークノビツキー・タイソンチャンドラーなどスター選手も在籍しているのでとても楽しみです。

 

Rajon Rondo's Top 10 Plays of his Career

 

アシスト王の実績をもつロンドは、ボストンでのラストゲーム?!となったマジック戦でも15アシストの活躍を見せていて、怪我から復帰後、チームの低迷もありメディアに取り上げられる回数は少なくなりましたが、その力はまだまだ健在です。

イースタンカンファレンスから、また有能なプレイヤーがウェスタンカンファレンスへと移籍になってしまいましたが、逆にウェスタンカンファレンスは最終順位がとても楽しみなところです。

昨シーズン圧倒的な強さをほこったスパーズでも現在7位です。

サンダーも最下位から両エースの復帰で10位まで上げてきていますし、8位につけるのはアンソニーデイビスが好調なペリカンズ。

現在の上位チームも全く安心できません。

管理人の個人的な意見では、ここにレイカーズが絡んでくるともっと面白くなると思うんですけどが・・・トレードでもない限り少し難しそうです。

既に2014-15シーズンも1/4を経過したNBAですが、目が離せないゲームが続きそうです。

コメント