3月26日のトレードデッドラインまでに移籍が噂されている選手まとめ

バスケットボールNBA

 

日本時間の3月26日、午前3時に迫ったNBA2020-21シーズンのトレードデッドライン。

前日までにほとんど移籍情報がなく、噂ばかりが飛びかっています。

現在トレードの噂が出ている選手を見ていきましょう。

アーロンゴードン

マジックでプレイするアーロンゴードンは、チームに対しトレードを要求したと報道されています。

有力候補としてセルティックスが挙がっていましたが、期限を前にナゲッツが有力との報道も出ています。

セルティックスはマーカススマート絡み、ナゲッツはゲイリーハリスやボルボルなども絡む予定です。

ウルブズ、ロケッツ、ブレイザーズも関心を持っていると言われています。

二コラブーチェビッチ

先日のオールスターにも出場した二コラブーチェビッチ。

セルティックスが関心を示していると伝えられていますが、少し前の情報で、おそらくマジック残留との見方が強まってきたようです。

サラリーの問題もあり、他チームとの交渉も少ないと言われています。

カイルラウリー

3月25日のゲーム後に、意味深なパフォーマンスを見せたカイルラウリー。

シクサーズとヒートが噂されていますが、サラリーが高く落としどころが見つかるかが問題のようです。

シクサーズでは、ダニーグリーンやセスカリーが絡み、ヒートではドラギッチやケンドリックナン、ダンカンロビンソン、タイラーヒーローなどの名前が挙がっています。

レイカーズとクリッパーズの噂もありますが、イーストの2チームに比べると可能性は低そうです。

 

 

ジョンコリンズ

ホークスで活躍するジョンコリンズは、来季の延長オファーを断ったと伝えられています。

随分前からトレードの噂がありましたが、前日になってもトレードが確定していません。

ロンゾボール

様々な噂が挙がったボールですが、可能性があるとすればニックスとのトレードが現実味がありそうです。

フランクニリキナやケビンノックス、指名権なども絡んだトレードになります。

JJレディック

JJレディックは、トレード先が見つからず、バイアウトになる可能性が高いようです。

関心を持っているのは、シクサーズ、サンズ、ネッツと言われていて、プレイオフでポイントシューターとして起用されることは間違いないでしょう。

 

 

ビクターオラディポ

今シーズン途中にロケッツに加入したオラディポ。

思ったような成績が挙がらず、再起をかけた移籍となります。

既に3月25日のゲームも欠場しており移籍が濃厚視されていますが、噂が挙がっているのはヒートとニックスです。

アンドレドラモンド

ドラモンドもバイアウト後に、他チームと契約すると伝えられています。

現在ロサンゼルスに滞在していて、レイカーズが最有力と言われています。

クリッパーズの名前も挙がっていますが、真相は分かりません。

デマーデローザン

スパーズのエースとして活躍するデローザンですが、来季のオフに契約が切れるためニックスとのトレード話が浮上しています。

ラマーカスオルドリッジ

去就が決まるまで、既に欠場を続けているラマ―カスオルドリッジ。

トレード話が出ていましたが、話がまとまらない場合、バイアウトもありえるようです。

古巣のブレイザーズへの移籍の噂が最も強いです。

その他にトレードの噂が挙がっている選手

  • ハリソンバーンズ(キングス)
  • マイルズターナー(ペイサーズ)
  • エヴァンフォーニエ(マジック)
  • ノーマンパウエル(ラプターズ)
  • トリスタントンプソン(セルティックス)
  • ケリーウーブレJr(ウォリアーズ)
  • ケリーオリニク(ヒート)
  • マービンバーグリー3世(キングス)
  • リショーンホームズ(キングス)
  • ルーウィリアムズ(クリッパーズ)
  • デボンテグラハム(ホーネッツ)
  • ラウリーマルケネン(ブルズ)
  • スペンシーディンウッド(ネッツ)
  • ジャベルマギー(キャブス)