ヨキッチ43得点の活躍もセルティックスに敗れ連勝止まる カンパッソ初のスターター起用

 

先日レイカーズにも勝利し、3連勝中のナゲッツ。

2月17日におこなわれたセルティックス戦では、ヨキッチとマレーで68得点を挙げましたが、112-99でセルティックスに敗れています。

 

1Q2Q3Q4QT
DEN2628212499
BOS30292726112

 

 

セルティックスでは、ジェイレンブラウンが27得点でスコアリーダーになっています。

スリーポイントも5/10と変わらず好調でした。

ジェイソンテイタムが21得点、ケンバウォーカーが17得点で続きますが、共にFG確率は4割を切っています。

ベンチメンバーが好調で、ゲームを繋ぎました。

敗れたナゲッツでは、ニコラヨキッチが43得点でスコアリーダーとなっています。

 

 

ジャマールマレーが25得点で続いています。

 

 

初のスターター起用となった、2way契約のファクンドカンパッソは、約40分出場し15得点3リバウンド8アシストを記録しています。

 

NBA 🇺🇸| Facundo Campazzo vs Boston Celtics 15 PTS, 8 AS, 3 REB, 2 ROB, 1 TAP
Para mas información nos podes seguir acá y en nuestras redes:Twitter: ​​​​​​...​Instagram:

 

マイケルポーターJrとジャマイケルグリーンは不調で、ポーターJrはFG確率0/8の0得点、グリーンはFG確率1/7の2得点にとどまっています。

ナゲッツは、ハリス、バートン、ドジエ、ミルサップ、モリスが欠場していて、続くようであれば今後も苦しいゲームとなりそうです。