NBAスリーポイントランキング

主要メンバー復帰のクリッパーズが首位ジャズの連勝止める

 

主要メンバーの欠場が続いた、ロサンゼルスクリッパーズ。

2月20日におこなわれたジャズ戦では、カワイレナードやポールジョージも復帰し、首位ジャズの連勝を止めました。

 

1Q 2Q 3Q 4Q T
UTA 23 26 26 37 112
LAC 31 26 22 37 116

 

 

クリッパーズでは、カワイレナードが29得点でスコアリーダーとなっています。

シュート確率は思ったように上がりませんでしたが、クラッチタイムの連続オフェンスリバウンドは、勝利を手繰り寄せるものでした。

 

 

ルーウィリアムズが19得点、パトリックべバリーが17得点で続いています。

ベバリーはクラッチタイムのスリーポイントに加えて、ファウルゲームとなった終盤のフリースローもきっちり沈めました。

敗れたジャズでは、ドノバンミッチェルが35得点でスコアリーダーとなっています。

シュートタッチはけしてよくありませんでしたが、終盤の連続スリーポイントは流石のスター性でした。

 

 

ボーヤンボクダノビッチが23得点、ジョーダンクラークソンが19得点で続いています。

マイクコンリーも怪我から復帰し、16得点を挙げました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました