レイカーズがセルティックスとの1点差ゲーム制し連敗ストップ

 

シクサーズとピストンズに連敗した、昨シーズン王者レイカーズ。

1月31日におこなわれたセルティックス戦でも1点差の攻防となりましたが、96-95で勝利し連敗を2で止めています。

 

1Q2Q3Q4QT
LAL2824192596
BOS2425291795

 

レイカーズでは、アンソニーデイビスが27得点でスコアリーダーとなっています。

 

 

レブロンジェームズが21得点で続きますが、共にFG確率が5割を切っています。

 

 

モントレズハレルが16得点、デニスシュールダーが12得点で続いています。

KCPは、今季初の0得点でした。

 

 

敗れたセルティックスでは、ジェイソンテイタムが30得点、ジェイレンブラウンが28得点でチームを牽引しました。

共にFG確率は7割近い数字を残しています。

ダニエルタイスが14得点で続きますが、マーカススマートはFG確率2/7、ケンバウォーカーは1/12と不調でした。

マーカススマートは、ふくらはぎに激しく痛みを訴え途中退場しています。

MRI検査を受ける予定とのことで、大事に至らないことを願うばかりです。